おすすめ銘柄も登場!2020年世界ウイスキー売り上げランキング ベスト30

2020年世界ウイスキー売り上げランキング 13位 バランタイン

13位 バランタイン (スコットランド)
出荷数: 770万ケース
企業名: ペルノリカール
カテゴリー: ブレンデッド・スコッチウイスキー
日本での販売: あり

バランタインは、ブレンデッドスコッチウイスキーの3大ブランドの一つと称されており、世界的知名度と人気を誇るウイスキーです。スコッチ全体では売り上げ2位の銘柄となっています。「バランタイン社」は1910年のブランド誕生以来、オーナーが変わっていく中でも高品質なウイスキーを提供してきました。その実績が年間770万ケースという売り上げにつながっていったのだと思います。
代表銘柄である「バランタイン・ファイネスト」は、スコッチらしいスモーキーなフレーバーを絶妙に感じる、軽快で香り豊かなウイスキーです。

【同一商品12本購入で送料無料】 バランタイン ファイネスト 40度 700ml 正規 shibazaki_BLFBFM shibazaki_BLF

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング 12位 クラウンローヤル

12位 クラウンローヤル (カナダ)
出荷数: 790万ケース
企業名: ディアジオ
カテゴリー: カナディアンウイスキー
日本での販売: あり

ベスト30で、唯一のカナディアンウイスキーとなりました。クラウンローヤルはカナダ・マニトバ州にある「ギムリ蒸留所」(別名クラウンローヤル蒸留所)で作られています。
軽快でクセのないウイスキーとしてアメリカで人気となり、今や世界中で飲まれている銘柄です。国際的なウイスキーの品評会でも数々の賞を獲得しています。

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング 11位 ジェイムソン

11位 ジェムソン (アイルランド)
出荷数: 810万ケース
企業名: ペルノリカール
カテゴリー: ブレンデッド・アイリッシュウイスキー
日本での販売: 有り

アイリッシュウイスキーの中で唯一のベスト30入り。惜しくもベスト10は逃したものの、810万ケースの売上はすごいですね。ジェムソンは1780年に創業した歴史あるウイスキーです。フルーティーで甘さのある味わいと、アイリッシュらしいオイリーな風味は、他の国のブレンデッドウイスキーには無い特徴です。
ジェムソンはここ数年で人気が高まっています。2013年の出荷量は470万ケースで、僅か6年ほどで2倍の出荷量になっています。これからどこまで販売数を増やせるのか、注目していきたいですね。

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング 10位 ヘイワーズ・ファイン

10位 ヘイワーズ・ファイン (インド)
出荷数: 960万ケース
企業名: ディアジオ(ユナイテッドスピリッツ)
カテゴリー: インディアンウイスキー
日本での販売: なし

いよいよベスト10の発表です!先にお伝えしておくと、ベスト10にはインドのウイスキーが7つも入っています。
「ヘイワーズ・ファイン」はユナイテッドスピリッツ社の作るブランドの中で2番目に売れているウイスキーです。販売本数は960万ケースと、ものすごい量ですが、日本には輸出されていません。おそらく本格的なウイスキーではない銘柄です。インドの大衆ウイスキーとして多くの人に飲まれているを考えられます。

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング 9位 ジムビーム

9位 ジムビーム (アメリカ)
出荷数: 1040万ケース
企業名: ビームサントリー
カテゴリー: アメリカン・バーボンウイスキー
日本での販売: 有り

9位には年間1000万ケース以上の販売実績を達成した、アメリカン・バーボン「ジム・ビーム」がランクインしました。2014年にサントリーが1兆7000億円で買収し、現在はビームサントリー社の所有ブランドとなっています。
2016年には740万ケースでしたが、わずか数年で1040万ケースと、急激に売上を伸ばしています。日本市場では、2019年に「輸入ウイスキー」としては初の、国内100万ケースの販売を達成しています。
統合により販売網の拡張や、生産設備の投資などで、ジム・ビームは販売量を増やすことに成功しました。世界を代表するバーボンウイスキーの銘柄として、これからもベスト10の常連になってほしいですね。

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング 8位 ゴールデンオーク

8位 ゴールデンオーク (ネパール)
出荷数: 1060万ケース
企業名: ヒマラヤン・ディスティラリー
カテゴリー: ネパール・ウイスキー
日本での販売: なし

ベスト30で唯一のネパールウイスキーになります。ネパールもインド同様にウイスキーを非常によく飲む国です。ヒマラヤン・ディスティラリーは、ネパールを代表するウイスキーメーカーとなっています。また、インドのメーカーに委託される形で、ウイスキーをつくっていることもあるようです。
ゴールデンオークは2014年に発売。シングルモルト(おそらくヒマラヤン蒸留所の原酒)とグレーンウイスキーのニュートラルスピリッツをブレンドしたウイスキーです。色がしっかりついていることから、着色していると思われます。アルコール度数が34.3%と、かなり低い設定であることから本格的なウイスキーとは言えませんね。
蒸留所としては謎が多いのですが、これからはインドだけではなく、ネパールのウイスキーも注目していく必要がありそうです。

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング 7位 オリジナルチョイス

7位 オリジナルチョイス (インド)
出荷数: 1270万ケース
企業名: ジョン・ディスティラリーズ
カテゴリー: インディアンウイスキー
日本での販売: なし

「バンガロール・モルト」でもご紹介しましたが、「ジョン・ディスティラリーズ社」は1992年創業のインド第4位の酒類メーカーです。「オリジナルチョイス」は同社の主力商品となっていて、収益の9割がオリジナルチョイスの売上によるものだそうです。
原酒はインディアンウイスキー定番の配合で、スコッチモルト、グレーンウイスキー、ニュートラルスピリッツのブレンドです。
日本では、ジョン・ディスティラリーズ社がつくる高級ウイスキーである、インディアン・シングルモルト「ポール・ジョン」が人気となっていますが、オリジナルチョイスはそれと比べることができない程、大衆的なウイスキーとなっています。

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング 6位 ジャックダニエル

6位 ジャックダニエル (アメリカ)
出荷数: 1340万ケース
企業名: ブラウンフォーマン
カテゴリー: アメリカン・バーボンウイスキー
日本での販売: あり

アメリカンウイスキーでナンバーワンの売上「ジャックダニエル」が2019年度の統計では6位となりました。そして、単一銘柄では世界一売れているバーボンウイスキーは、ジャックダニエルとなっているのです。
テネシーウイスキーの伝統製法「チャコールメローイング」(蒸留液を木炭で濾過する製法)によって、ケンタッキーバーボンとは違った柔らかい味わいのウイスキーになります。これがジャックダニエル最大の特徴ですね。いつまでも飲み続けられる、それでも風味が豊かなバーボンウイスキーは、世界中で愛される銘柄となりました。

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング 5位 ジョニーウォーカー

5位 ジョニーウォーカー (スコットランド)
出荷数: 1840万ケース
企業名: ディアジオ
カテゴリー: ブレンデッド・スコッチウイスキー
日本での販売: 有り

ジョニーウォーカーはスコッチウイスキーでは1位の売上で、ラインナップ全ての販売数が1840万ケースとなり、世界5位の売上を誇るブランドとなっています。実に200カ国以上に輸出されており、まさにスコッチの代表格「スコットランドの顔」といっても過言ではないでしょう。
2020年には業界初(世界初)の「紙」で作られてボトルを採用するとの発表がありました。環境問題等への配慮が目的だと思われますが、実現すれば世界中のウイスキーボトルの常識が変わっていくかもしれませんね。
確かに、1840万ケース(2億本以上)のガラス瓶となると、すごい数です。紙になるということは、牛乳パックみたいになっちゃうのかな(笑)

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング 4位 ロイヤルスタッグ

4位 ロイヤルスタッグ (インド)
出荷数: 2200万ケース
企業名: ペルノリカール
カテゴリー: インディアンウイスキー
日本での販売: 有り

シーグラム社が1995年に発売したブランドで、現在はペルノリカールが所有しています。原酒はスコッチモルトウイスキーと、ネパール産のグレーンスピリッツを使用しています。ロイヤルスタッグは、人工香料を一切使用しないウイスキーとして販売された、インドで最初のウイスキーブランドとなっています。
2010年には1000万ケースの販売量でした、僅か10年程で2200万ケースを売上る、巨大ブランドに成長しました。これだけの数を作っておきながら、日本には未輸入です。やはり本格的なウイスキーと言えない品質のものは、日本市場では難しいでしょうから当然ですね。

 

次のページではいよいよベスト3の発表!世界一売れているのはあのウイスキーだった⁉

コメント

タイトルとURLをコピーしました