シングルモルトウイスキー「アードベック10年」おすすめ銘柄解説

ユースケ
ユースケ

こんばんは。ユースケです。

僕の自己紹介:経歴9年の現役バーテンダー。ウイスキー文化研究所認定「ウイスキーエキスパート」。JSA認定「ソムリエ」。

この記事ではシングルモルトウイスキー「アードベック10年」の解説と、アードベック蒸留所のラインナップからおすすめ銘柄をご紹介致します。アードベックを飲んだことのない「ウイスキー初心者」の方から、大好きでいつもお飲みになっている方まで、アードベックに興味のある方に有益な情報を分かりやすく解説していきたいと思います。

 

シングルモルトウイスキー「アードベック10年」おすすめ銘柄解説「アードベック」とは?

アードベック蒸留所とは?

スコットランド・アイラ島の南側にあり、スモーキーなモルトウイスキーを作っている蒸留所です。

クセの強いウイスキーを生産するアイラ島の中でも、アードベックは強烈にピーティーでスモーキーなウイスキーを作っていることで有名です。麦芽に炊き込む「ピートの強さ」(フェノール値)は55ppm~65ppmと、かなり強いピーテッド麦芽を使用して作られています。

世界的な人気の蒸留所でありながら生産能力は低めで、ポットスチルはたったの2基のみです。(初留釜1基、再留釜1基は最小規模)しかし現在、第二蒸留塔の工事が行われており、将来にむけて安定供給できるように備えています。

仕込み水は蒸留所付近にある「ウーガダール湖」と「アリナムビースト湖」のものを使用しています。非常にピート色の強い、真っ黒い水です。この仕込み水も、アードベックらしい個性的なウイスキー作りに無くてはならない存在なのです。「ウーガダール」と「アリナムビースト」はアードベックの商品名として名付けられています。

 

アードベック蒸溜所

所在地: スコットランド・アイラ島
オーナー: モエヘネシー・ルイヴィトン社(モエヘネシー・ディアジオ)
創業年: 1815年
蒸留器(ポットスチル): ランタンヘッド型 2基
発酵槽(ウォッシュバック): オレゴン松6基
貯蔵方式: ダンネージ式
仕込み水: ウーダガール湖、アリナムビースト湖
仕込み麦芽のフェノール値: 55~65ppm

アードベック蒸溜所の歴史

1815年: 創業者「ジョン・マクダガル」によって設立。100年間ほどはマクダガル家による経営が続く。その後はオーナーは幾度となく変わる。

1973年: ハイラム・ウォーカー社とDCL(ディスティラリーズ・カンパニー社)が共同で蒸溜所を買収。

1981年: 操業停止。

1987年:  アライド・ライオンズ社がハイラム・ウォーカーを買収。89年に操業再開。

1996年: 再び操業停止。

1997年: グレンモーレンジィ社が買収。操業再開。

2008年: 「アードベック10年」が発売。

2011年: 国際宇宙ステーションにアードベッグのスピリッツ小瓶と木片が送られて、実験が行われた。2014年に帰還。ウイスキーとしては世界初の偉業となった。

2013年: WWA(ワールド・ウイスキー・アワード)で「アードベック ガリレオ」がシングルモルトの世界最高賞を受賞。

2019年: 数量限定のラインナップ「アードベッグ トリー・バン19年」が発売。

2020年: 新たなラインナップ「アードベッグ ウィー・ビースティー 5年」が発売。

 

シングルモルトウイスキー「アードベック10年」解説

アードベック10年
シングルモルトウイスキー
アルコール度数: 46%
容量: 700ml
希望小売価格: 5600円

商品説明

「アードベック10年」は2008年の発売開始以来、アードベックのブランドを支えてきた定番商品です。発売した年には「ワールド・ウィスキー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。この数年間は安定した味わいでボトリングされており、アイラ島のオフィシャルウイスキーの中でもクオリティーの高い商品です。

構成原酒はバーボンバレルのファーストフィル(一回目)とセカンドフィル(二回目)を使用しています。ブレンドした原酒は、冷却濾過を行わずボトリングされています。

テイスティング・ノート

レモン、薬品、ヨード、昆布、バーベキュー、キャラメル、焚火、ローストカカオニブ、シナモンの香り。

口に含むと、甘くてなめらか。すぐにスモーキーでソルティー。後味はドライでちょっとビター。余韻は長め。スモーキーさと、焦がした焼き魚のような風味を感じる。

アードベック10年は、これまで何度も飲んできましたが、いつ飲んでも期待に応えてくれる優秀なウイスキーです。スモーキーなフレーバーが主体ですが、柑橘の香りや焙煎したナッツ、コーヒーのような深みのある香りも魅力的です。単純に「ピート臭い」だけのウイスキーではなく、ウイスキーに甘さ
があるのも個人的には好きですね。

 

シングルモルトウイスキー「アードベック10年」おすすめ銘柄解説

ラフロイグ蒸留所がリリースするおすすめの銘柄をご紹介致します。

シングルモルトウイスキー「アードベッグ ウィー・ビースティー 5年」

アードベッグ ウィー・ビースティー 5年
シングルモルトウイスキー
アルコール度数: 47.4%
容量: 700ml
参考価格: 4600円

アードベッグ ウィー・ビースティーは、2020年に販売された5年熟成の定番ラインナップです。

「ウィー・ビースティー」とは、小さいながらも獰猛で、手のつけられない「リトル モンスター」をを表す言葉です。若いモルトでありながら、アードベックらしいスモーキーのパワフルさと、複雑な味を奥行を表現したネーミングとなっています。

スモーキーでローストナッツのような香ばしさと、柑橘の香りがあります。5年熟成とは思えないほどの複雑なバランスです。口に含むと「10年」よりも力強く、激しく主張してくる荒々しさがあります。アルコール度数はほぼ変わらないはずですが、10年よりも強く感じますね。

短期熟成にしてはまとまりのある、おいしいアイラモルトだと思います。

 

まとめ

シングルモルトウイスキー「アードベック10年」おすすめ銘柄解説「アードベック」とは?
・スコットランド・アイラ島の南側にあり、スモーキーなモルトウイスキーを作っている蒸留所。

シングルモルトウイスキー「アードベック10年」解説
・構成原酒はバーボンバレルのファーストフィル(一回目)とセカンドフィル(二回目)を使用。いつ飲んでも期待に応えてくれる優秀なウイスキー。

シングルモルトウイスキー「アードベック10年」おすすめ銘柄解説
・アードベッグ ウィー・ビースティー 5年

 

 

アードベック蒸留所はオーナーが次々と移り変わり、ウイスキーの生産ができない苦労した時代もありました。しかし現在は、アードベックの個性的な味わいは支持されるようになり、世界中のスモーキーモルトファンに愛される人気銘柄となりました。

もはやアードベックがないと、平穏に暮らしていくことができない人もいることでしょう(笑)これからも、その中毒性のある強烈な個性のウイスキーを作り続けてほしいと思います。

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーによって幸せになることを願っています。最後までご覧いただきありがとうございました。それでは、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました