2020年世界ウイスキー売上ランキング【ベスト30】

ユースケ
ユースケ

こんばんは ユースケです。

自己紹介:BAR WHITE OAK 店主。ウイスキー文化研究所認定 ウイスキーエキスパート。JSA認定ソムリエ。2022年1月 東京・銀座にBAR WHITE OAK をオープン。YouTube、TikTokでカクテル動画を公開中!

この記事では世界で売れているウイスキーべスト30を解説いたします。

このランキングはイギリスの酒類及び飲料業界誌である「ドリンクス・インターナショナル」が発表した”ウイスキー売り上げランキングTOP30″を基に、ご紹介して参ります。

 

※ドリンクス・インターナショナルとは、「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)」という世界的な酒類品評会も行っている出版社です。ウイスキーなどのスピリッツの他、ワインの専門的なリサーチなども行う、世界で有数の酒類関係に精通した企業です。

このランキングは2019年のウイスキー売り上げ本数で作成されています。日本では未だにウイスキーのブームが続いており、世界的にもその消費量は今後も伸びることが予想されています。

2019年はどのウイスキーが世界一売れたのでしょうか?30位から順番に発表していきます!

 

 

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング30位|トリス


30位 トリス (日本)
出荷数: 260万ケース
企業名: ビームサントリー
カテゴリー: ブレンデッド・ジャパニーズウイスキー
日本での販売: 有り

サントリーを代表するブレンデッドウイスキー「トリス」が世界30位にランクイン。

出荷本数は260万ケースでジャパニーズウイスキー部門では3位という結果です。

トリスはいくつかのラインナップがありますが、トリスシリーズトータルでの売上本数が反映されています。2019年度は国内販売がメインとなっているため、日本市場の消費だけでこの数字はすごいですね。

トリスは「ハイボール缶」が存在していますが、統計には反映されていませんので、仮にハイボール缶でのウイスキー消費量も含めていたら、もう少し上位に入ったかもしれません。

created by Rinker
トリス
¥1,317 (2024/04/22 16:45:00時点 Amazon調べ-詳細)

ハイボール缶はこちら↓

created by Rinker
トリスハイボール
¥3,490 (2024/04/22 14:37:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング29位|ラベル5

29位 ラベル5 (スコットランド)
出荷数: 270万ケース
企業名: ラ・マルティニケーズ
カテゴリー: ブレンデッド・スコッチウイスキー
日本での販売: 有り

フランスで人気の高い銘柄。ラ・マルティニケーズ社(フランス)は、グレンマレイ蒸留所を所有しており、「ラベル5」のキーモルトとなっています。2020年のWWA(ワールド・ウイスキー・アワーズ)では金賞を獲得。

日本ではこれまで正規代理店の輸入がないためあまり知られていない銘柄でしたが、2021年1月から「明治屋」によって取り扱いがスタート。

バーボン樽で3~4年間熟成させた原酒をメインにブレンドされた、比較的飲みやすいブレンデッドスコッチウイスキーです。

created by Rinker
¥1,738 (2024/04/22 18:05:02時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング28位|ブラック&ホワイト

28位 ブラック&ホワイト (スコットランド)
出荷数: 280万ケース
企業名: ディアジオ
カテゴリー: ブレンデッド・スコッチウイスキー
日本での販売: 有り

ブラック&ホワイトは1884年発売以、来徐々に世界中に広まり現在では280万ケースを売り上げるウイスキーとなりました。

二匹の犬「スコティッシュテリア(黒)とウエストハイランド・ホワイトテリア(白)」がトレードマーク。

ブラック&ホワイトのみならず、ベスト30にランクインしているスコッチウイスキーは、3つの共通点があります。

・価格がリーズナブル
・飲みやすい
・銘柄に歴史がある

ランキングは出荷本数を基準としていますので、庶民的な価格帯の銘柄で、万人に愛される飲みやすい味わいであること。銘柄のブランド力も重要です。

「商品名」や「ラベルデザイン」も大事でしょうか。基本的にゲール語(シングルモルトはゲール語の銘柄が多いのですが)ではなく、英語の名前を使用しているウイスキーのほうがよく売れている気がします。

ブラック&ホワイトは「2匹の犬のウイスキー」としてイギリス国内だけではなく、世界でも人気となりました。世界で一番ウイスキーを売った「広告犬」なのかもしれませんね。

 

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング27位|スターリング・リザーブ・プレミアム

出典:https://www.abdindia.com/news-and-media/2019/abd-expands-brand-portfolio-launches-sterling-reserve-range-of-premium-whiskies/

27位 スターリング・リザーブ・プレミアム (インド)
出荷数: 280万ケース
企業名:アライド・ブレンダーズ・アンド・ディスティラーズ
カテゴリー: インディアンウイスキー
日本での販売: なし

インドのウイスキーが27位で初登場。

インドはウイスキーを世界で一番消費し、生産している国でもあります。インドのウイスキーはこの後も続々と登場しますが、ベスト30の中に14銘柄ものインディアンウイスキーがランクインしています。

「スターリング・リザーブ」を製造する「アライド・ブレンダーズ・アンド・ディスティラーズ社」は、インド最大級のウイスキーメーカー。グループの年間生産量は1億7000万ケースとされています。

ちなみにスコッチは全メーカーの、すべての銘柄を合わせても7000万ケースですから、アライド社たった1社だけで、スコッチウイスキーを余裕で超える生産量となっています。アライド社まさにインドを代表する…いや、世界を代表する巨大ウイスキーメーカーといっても過言ではありません。

スターリング・リザーブ・プレミアムの主力商品「スターリングリザーブブレンド10」は、スコットランド産のモルト原酒と、インド産のグレーンウイスキーをブレンドし、バーボンカスクで熟成させた商品。インディアンウイスキーには、スコッチがブレンドされているものが多いようです。

日本での正規販売はありません。インドを訪れた際に飲んでみたいですね。

 

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング26位|J&B

26位 J&B (スコットランド)
出荷数: 300万ケース
企業名: ディアジオ
カテゴリー: ブレンデッド・スコッチウイスキー
日本での販売: 有り

1930年代以降にアメリカを中心に人気となったスコッチウイスキー。キーモルトは「ノッカンドゥ」や「オスロスク」。華やかでソフトな口当たり、ドライでスムース。穏やかなピート香がスコッチらしいテイスト。オスロスクは1974年に創業しましたが、J&Bに原酒提供するために造られた蒸溜所と言われています。

2019年の統計では、ベスト30の中にディアジオ社(系列も含む)の銘柄が10本ランクイン。メーカーとしては最多の数で、一社が販売している総生産量もインドの会社を抑えて世界一となっています。

 

 

2020年世界ウイスキー売り上げランキング25位|デュワーズ

25位 デュワーズ (スコットランド)
出荷数: 300万ケース
企業名: バカルディ
カテゴリー: ブレンデッド・スコッチウイスキー
日本での販売: 有り

日本でも人気の高いブレンデッドウイスキー「デュワーズ」が、25位にランクイン。

創業者ジョン・デュワーの経営戦術によって、アメリカ市場ナンバー1のスコッチとなりました。今では世界中で飲まれているスコッチの代表格と言い切れるブランドです。

主力銘柄は「デュワーズ・ホワイトラベル」です。飲みやすくて軽快な味わいが多くの人々に支持されています。

 

 

 

次のページでは24位~14位までを一気に発表!人気銘柄続々登場します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました