【5000円以内】バーテンダーおすすめ!カナディアンウイスキー3選

ユースケ
ユースケ

こんばんは ユースケです。

自己紹介:BAR WHITE OAK 店主。ウイスキー文化研究所認定 ウイスキーエキスパート。JSA認定ソムリエ。2022年1月 東京・銀座にBAR WHITE OAK をオープン。YouTubeTikTokでカクテル動画を公開中!

この記事では5000円以内で購入できる、BAR WHITE OAKのオーナーバーテンダーである、わたくしユースケがオススメするカナディアンウイスキーをご紹介致します。

カナディアンはお手頃な価格とスムースな飲みやすさが人気のウイスキー。スコッチやバーボンと比べると銘柄の数は多くありませんが、5大ウイスキーの一つとして世界中で飲まれています。

ネットショップや酒屋で簡単に購入可能な、王道のカナディアンウイスキー3選となりますので、ぜひ最後までご覧ください。

カナディアンウイスキーを知りたい方はこちらの記事をご覧ください↓

 

【5000円以内】バーテンダーおすすめ!カナディアンウイスキー3選|カナディアンクラブ ブラックラベル

カナディアンクラブ ブラックラベル

価格:4000円
内容量:700ml
アルコール度数:40度

カナディアンクラブはカナディアンウイスキーで最も有名なブランド。誕生当初は「クラブ・ウイスキー」と名乗っていましたが、1890年にウイスキーの法律が制定され、アメリカ産とカナダ産のウイスキーを明確に区別するようになったことで、「カナディアンクラブ」(C.C.)へ名称変更します。カナディアンウイスキーのトップブランドとして君臨し続けており、世界150ヵ国以上で飲まれています。

「カナディアンクラブ ブラックラベル」はスタンダードボトル「カナディアンクラブ」の上位版。酒齢8年以上の原酒をブレンドしています。軽い味わいが特徴的なカナディアンウイスキーですが、このブラックラベルは少し飲みごたえがあるタイプ。ハイボールはもちろん、ロックや水割りも相性が良く、日本人の味覚にも合っています。

created by Rinker
CANADIAN CLUB(カナディアンクラブ)
¥4,180 (2024/03/01 07:07:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

【5000円以内】バーテンダーおすすめ!カナディアンウイスキー3選|クラウンローヤル

出典:https://www.crownroyal.com/canadian-whisky/


クラウン ローヤル

価格:4300円
内容量:750ml
アルコール度数:40度

イギリス王室との縁もある由緒正しきカナディアンウイスキー。イギリス国王ジョージ6世夫妻が、初めてカナダを訪問した際に贈られたウイスキーとして有名となりました。かつてはカナダ国内のみの販売でしたが、1964年頃から輸出するようになります。

味わいはライトボディでスムースな、王道のカナディアンウイスキーといった印象。クセがないのでウイスキー初心者向け。カクテルのベースとしても利用できそうですが、近年は価格が上がっていることから、カクテル用には少し勿体ない…

カナディアンクラブと並ぶ代表的なブランドなので、飲んだことが無い方はぜひ。

created by Rinker
ノーブランド品
¥4,280 (2024/02/29 21:04:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

【5000円以内】バーテンダーおすすめ!カナディアンウイスキー3選|カナディアンミスト


カナディアンミスト

価格:1700円
内容量:750ml
アルコール度数:40度

オンタリオ州のカナディアンミスト蒸留所でつくられているウイスキー。カナディアンウイスキーの大消費国はアメリカですが、カナディアンミストはアメリカ市場向けにブレンドを施している商品。

スムースな飲み口ですが、甘さがあってフルーティー。樽香やボディは圧倒的にバーボンウイスキーのほうが強いのですが、どこかバーボンにも近い独特の風味も感じます。

間違いなくウイスキー初心者向けの銘柄。複雑な余韻などはあまりないので、ハイボールなどでごくごく飲む用のボトルとして常備しておきたいですね。

created by Rinker
カナディアンミスト
¥1,919 (2024/03/01 07:07:26時点 Amazon調べ-詳細)

 



 

輸入されているほとんどのカナディアンウイスキーが、今回ご紹介した3つのブランド。5大ウイスキーのなかでも、大手メーカーによるシェア率が高いのがカナディアンウイスキーですが、近年はクラフト蒸留所も増えているので、今後どのように変化していくのかは注目していきたいです。

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーによって幸せになることを願っています。最後までご覧頂きありがとうございました。それでは、また。

たるブログ TOP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました