シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!

ユースケ
ユースケ

こんばんは。ユースケです。

僕の自己紹介:経歴9年の現役バーテンダー。ウイスキー文化研究所認定「ウイスキーエキスパート」。JSA認定「ソムリエ」。

この記事ではジャパニーズ・シングルモルトウイスキー「白州」のおすすめ銘柄を解説いたします。
「白州蒸留所」の解説や、シングルモルト白州のラインナップについて、そもそも「白州」ってどんなウイスキーなのか?このような疑問をお持ちの方におすすめの内容となっています。
ウイスキー初心者の方でも理解できるように、わかりやすくご説明していきますのでぜひ最後までご覧ください。

 

シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州蒸留所とは?

白州蒸留所とは?
1973年に操業した、サントリースピリッツ株式会社によって作られた蒸留所です。モルトウイスキーの他、2013年からは連続式蒸留器を導入しグレーンウイスキーの製造も行っています。

白州蒸留所

操業者: サントリー
所在地: 山梨県北杜市白州町
敷地面積: 約82万m²
標高: 約700m
仕込み水: 南アルプスの花崗岩層に磨かれた地下水(「サントリー天然水 南アルプス」と同じ源水)
水の硬度: 約30度
蒸留器: ストレート型、ランタン型、コフィ―タイプの連続式蒸留器(グレーンウイスキー用)
熟成庫: ラック式

 

シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州蒸留所の歴史と概要

白州蒸留所の歴史と概要

白州蒸留所は、サントリーウイスキー誕生50周年を記念して、「山崎蒸溜所」に次ぐ第二の蒸溜所として1973年に設立しました。敷地内にはミネラルウォーター「サントリー天然水 南アルプス」のボトリング工場が併設されており、良質な水と恵まれた自然環境でウイスキーを製造しています。

1994年に白州蒸留所初のシングルモルトである「ピュアモルト白州」を発売。その後、「白州12年」も販売が開始されます。そして2006年に「白州18年」が発売され、世界でも権威ある酒類コンペティション「ISC」(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)で金賞を受賞します。その後も白州ブランドは数々の受賞を果たします。

2008年には「白州25年」を発売。山崎蒸留所と並ぶ、サントリーのシングルモルトとして人気が高まっていきます。2012年に「シングルモルト白州」を発売。ノンエイジ商品が主力となっても、人気は衰えることを知りませんでした。

2013年からは、新たなる試みとして、コフィ―式の連続式蒸留器でのグレーンウイスキーの生産も開始しています。この蒸留器はサントリーのグレーン工場「知多」にあるものと比べると小型です。少量生産による、試験的にグレーンを作ることや、知多よりも香りが豊かで個性的なグレーンを生産することができます。

サントリーの第二蒸留所として操業した白州蒸留所ですが、一時は人気が低迷していた時代もありました。しかし現在では、国産ウイスキーの中では山崎に次ぐトップブランドとして、国内外で高い評価を受けています。

 

シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!シングルモルトウイスキー白州のラインナップ

シングルモルト白州のラインナップをご紹介いたします。

2018年に白州12年が「休売」となっています。その他ラインナップは生産を続けていますが、流通量は非常に少なくなっています。

ラインナップ
・白州(ノンエイジ)
・白州12年(休売中)
・白州18年
・白州25年

 

シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州(ノンエイジ)

シングルモルト白州
希望小売価格: 4200円
アルコール度数: 43%
受賞歴: 2020年TWSC銀賞
おすすめポイント!: 「TWSC2020」で銀賞受賞。ハイボールでシングルモルト史上最高の味わいになるウイスキー。

2012年にリリースされた、ラインナップの中で最も新しい商品です。
「白州10年」の終売によって登場し、ノンエイジ商品でありながら、味わいは10年とほぼ変わらないクオリティーに作られたウイスキーで、ウイスキーに厳しいバーテンダーの中でも高く評価されています。
とくに「ハイボール」での味わいが良く、さわやかでフレッシュな香りが心地よく感じられます。
人によっては休売となった「12年」よりも評価が高い商品です。ウイスキーは決して「酒齢」ではないということを改めて考えさせられた、非常によくできたノンエイジ・シングルモルトだと思います。

 

シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州12年

シングルモルト白州12年(休売中)
希望小売価格: 8500円
アルコール度数: 43%
受賞歴: 2009年IWSC金賞「ベスト・イン・クラス」、2010年IWSC金賞「ベスト・イン・クラス、2011年SWSC最優秀金賞、2012年ISC金賞、2013年SWSC最優秀金賞、2014年SWSC金賞、2016年SWSC最優秀金賞、
おすすめポイント!: 白州の名を世界に知らしめた「森香るウイスキー」の代表作。

2018年以降休売となっている商品です。12年以上熟成した原酒を使用して作られた、甘さとやわらかさのあるウイスキーとなっています。
12年は「森の蒸留所」と呼ばれている白州の個性が感じられます。新緑のようなさわかやさと、わずかに感じるスモーキーな風味がほどよくマッチングして、バランスの良いウイスキーに仕上がっています。青りんごや洋ナシのようなフルーティーさも感じるので、ウイスキー初心者やお酒に強くない方でも飲みやすい味わいです。
数々の賞を獲得したのも納得できる、むしろ評価されるのが遅すぎた銘酒だと思います。販売再開までは時間がかかると思いますが、変わらぬ味で復活してくれることを願います。

 

シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州18年

シングルモルト白州18年
希望小売価格: 25000円
アルコール度数: 43%
受賞歴: 2017年ISC金賞、2016年ISC金賞、2016年SWSC最優秀金賞、2015年SWSC 最優秀金賞、2014年ISC金賞、2014年ISC金賞、2013年ISC金賞、2010年IWSC金賞「ベスト・イン・クラス」、2010年 IWSC最高賞、2009年ISC金賞、2007年IWSC金賞「ベスト・イン・クラス」、2006年ISC金賞
おすすめポイント!: ほのかにスモーキーで、フルーティー。白州らしい、気品のある香りのウイスキー。

「18年」も12年同様。世界的なコンクールで数々の賞を獲得した、国際的にも評価の高いウイスキーです。
シェリーカスク原酒の他、多種多様な原酒をブレンドされており、円熟した風味を感じます。熟した洋ナシ、シロップ漬けした金柑、ホワイトオークの香りも感じられる、ボリュームのある香り。ほのかにスモーキーさがあり、全体に複雑さを与えています。
「山崎18年」はシェリーカスク主体で、ある意味わかりやすいウイスキーでした。白州18年は、もともと白州の持っている個性を活かすために、シェリーは控えめです。「酒齢18年以上」という期待値にも応えつつ、樽香のバランスが良い点がこのウイスキーのすばらしさですね。

 

シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州25年

シングルモルト白州25年
希望小売価格: 125,000円
アルコール度数: 43%
受賞歴:  2018年ISC最高賞、2018年WWAワールドベスト・シングルモルトウイスキー、2017年ISC金賞、2016年ISC金賞、2015年ISC金賞、2014年ISC金賞、2013年ISC金賞、2012年ISC金賞、2012年ISC最高賞「トロフィー」、2011年IWSC金賞、2010年 ISC金賞、2009年IWSC金賞「ベスト・イン・クラス」、2008年ISC金賞
おすすめポイント!: 白州の最高傑作。深い余韻にいつまでも浸れるウイスキー。

白州の酒齢25年を超える、シェリーカスクやバーボンカスクなどの原酒を厳選してブレンドした商品です。長期熟成のエレガントさに加え、若干のピーティーさが残る個性が、長い余韻を形成しています。
「白州25年」は2018年にISCで最高賞「トロフィー」を獲り、さらにWWAでは「ワールドベスト・シングルモルトウイスキー」を獲得。世界中のウイスキーの中でも、白州蒸留所のウイスキーが世界一の品質であることを証明しました。
長期熟成原酒のすばらしさと、サントリーのブレンド技術の高さが感じられる、究極のジャパニーズ・シングルモルトウイスキーです。

 

シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州蒸留所見学について

2020年7月以降、蒸留所の見学は休止しています。再開予定は未定となっています。(2020年10月現在)
再開後、改めてご案内したいと思います。一度は行ってほしい、素晴らしい蒸留所です。

 

まとめ

シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州蒸留所とは?
・1973年に操業。サントリーウイスキーの第二蒸留所として設立。
シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州蒸留所の歴史と概要
・国産ウイスキーの中では山崎に次ぐトップブランドとして、国内外で高い評価を受けている。
シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!シングルモルトウイスキー白州のラインナップ
・白州(ノンエイジ)
・白州12年(休売中)
・白州18年
・白州25年
シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州(ノンエイジ)
・「TWSC2020」で銀賞受賞。ハイボールでシングルモルト史上最高の味わいになるウイスキー。
シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州12年
・白州の名を世界に知らしめた「森香るウイスキー」の代表作。
シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州18年
・ほのかにスモーキーで、フルーティー。白州らしい、気品のある香りのウイスキー。
シングルモルトウイスキー「白州」おすすめ銘柄を全種類解説!白州25年
・白州の最高傑作。深い余韻にいつまでも浸れるウイスキー。

 

 

空前のジャパニーズウイスキーブームが起こり、山崎と同様に白州蒸留所は原酒不足に陥りました。製品の供給が追い付いていない状態が、これから数年間は続きそうですが「12年」の販売再開をめざして、これからもおいしいウイスキーを作り続けてほしいですね。
「白州」の復活。待っています!

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーによって幸せになることを願っています。最後までご覧いただきありがとうございました。それでは、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました