ウイスキーの種類について「シングルモルトウイスキー」とは?

ユースケ
ユースケ

こんばんは。ユースケです。

僕の自己紹介:経歴9年の現役バーテンダー。ウイスキー文化研究所認定「ウイスキーエキスパート」。JSA認定「ソムリエ」。

この記事は、初心者向けにシングルモルトについて、簡単にわかりやすく解説していきます。

ウイスキーにはいくつかの種類があります。バーなどでよく耳にする「シングルモルト」って一体なんでしょうか?

そんな疑問にお答え致します!

 

ウイスキーの種類について「シングルモルトウイスキー」とは?

シングルモルトウイスキーとは、「モルトウイスキー」の一種です。一つの蒸留所で作られた原酒のみでボトリングしたウイスキーのことです。

ちなみに、モルトウイスキーとは、原料に大麦麦芽を100%使用したウイスキーのことです。モルトウイスキーには2つの種類があります。

 

・シングルモルトウイスキー

(一つの蒸留で作られたモルトウイスキー原酒のみを使う)

具体的な銘柄: マッカラン、山崎、グレンフィディンク、グレンリベット、ラフロイグ など

・ブレンデッドモルトウイスキー 

(複数の蒸留所で作られたモルトウイスキー原酒を使う)

具体的な銘柄: ジョニーウォーカーグリーン、ビックピート、竹鶴、イチローズモルト・リーフシリーズ など

 

シングルモルトとブレンデッドウイスキーの違いは、シングルモルトは蒸留所の個性がウイスキーに色濃く反映されている所です。シングルモルトは他の蒸留所のウイスキーを混ぜませんから、100%蒸留所としての個性が発揮されています。

つまり、シングルモルトはそれぞれの蒸留独自の個性があり、味に多様性があるのです。

 

 

ウイスキーの種類について「シングルモルトウイスキー」とは?シングルモルトを作っている国は?

シングルモルトを作っている国は、5大ウイスキーの中からは

スコットランド、アイルランド、日本になります。

最大の生産国はスコットランドで、蒸留所の数は110以上もあります。

 

 

5大ウイスキー以外の国でもシングルモルトは作られています。

イギリス国内ではイングランド、ウェールズ。

ヨーロッパでは、フランス、ドイツ、イタリア、フィンランドなど。

アジアでは、インド、台湾、オーストラリアなど。

バーボンで有名なアメリカでさえ、最近はシングルモルトウイスキーを作っています。

スコットランドとアイルランドで誕生したシングルモルト(モルトウイスキー)ですが、実は多くの国がその魅力に気づいて作り始めているのです。

ウイスキーコニサー資格認定試験教本
↓2018上巻


↓2020中巻

↓2021下巻

 

ウイスキーの種類について「シングルモルトウイスキー」とは?シングルモルト消費量は全体の1割ほど!?

今でこそシングルモルトは人気があり、広く飲まれるようになりましたが、それでも、シングルモルトウイスキー消費量の割合は少ないです。全体のわずか1割程度しか飲まれていません。

それを聞くと、びっくりする人も多いですね。バーにいってもシングルモルトのほうが、種類はたくさんありますからね。

実は、一般的にシングルモルトが飲まれるようになったのはつい最近です。80年代ごろから、一般の人もシングルモルトを飲むようになってきました。ちょっと昔までは、シングルモルトは「ウイスキーマニア」の為にあったようなイメージです。

僕はシングルモルトのほうが良く飲みますが、世界を見ていくと、消費量はブレンデッドウイスキーのほうが圧倒的に多いのです。単純に「ウイスキー」と呼ばれているものは「ブレンデッドウイスキー」のことを指す場合が多いです。

ブレンデッドウイスキーの方が消費量が多い理由は、シングルモルトと比べたら、値段が安いこと。そして、ウイスキーの癖が少なく、飲みやすいことから大衆的に広まっていったと考えられます。

 

ウイスキーの種類について「シングルモルトウイスキー」とは?シングルモルトの製造方法

シングルモルト(モルトウイスキー)の作り方はこちらにまとめています。

 

まとめ

  • シングルモルトウイスキーとは、モルトウイスキーの一種で、一つの蒸留所で作られた原酒のみでつくったウイスキーのこと。
  • 蒸留所の個性がウイスキーに色濃く反映されているので、いろいろな味があって面白い!
  • スコットランド、アイルランド、日本が主要な生産国。
  • シングルモルトウイスキー消費量の割合は、全体の1割程度。

 

シングルモルトウイスキーについてお分かりいただけましたか?

その他のウイスキーについての記事もありますので、そちらのほうも是非ご覧ください。

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーによって幸せになることを願っています。最後までご覧いただきありがとうございました。それでは、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました