ウイスキーの種類について「バーボンウイスキー」とは?

ユースケ
ユースケ

こんばんは。ユースケです。

僕の自己紹介:経歴9年の現役バーテンダー。ウイスキー文化研究所認定「ウイスキーエキスパート」。JSA認定「ソムリエ」。

この記事では、みなさんお馴染みのバーボンについてお話しようと思います。バーボンウイスキーは人気が高いので、詳しく知っているかたも多いと思います。

ただ、皆さんが未だ知らない、バーボンの魅力はまだまだたくさんありますので、徹底解説させて頂きます。

記事を読み終わるころには「バーボン通」になれると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

ウイスキーの種類について 「バーボンウイスキー」とは?

バーボンウイスキーとは、アメリカンウイスキーの種類のひとつで、原料にトウモロコシを51%以上使用し、内側を焦がしたオークの新樽で熟成させたウイスキーのことです。

バーボンウイスキーにはしっかりとした「法定義」が存在します。アメリカ独自に定めた、ウイスキー作りのルールです。この法律に従って、バーボンウイスキーを作っています。

1948年と1964年の連邦アルコール法によるバーボンウイスキーの定義

・原料にトウモロコシを51%以上使用

・アルコール度数160プルーフ(80%)以下で蒸留

・内側を焦がしたオークの新樽にアルコール度数125プルーフ(5%)以下で詰める

・(ストレート・バーボンを名乗るには)2年以上熟成が必要

・ボトリングに際しては水以外を加えずに80プルーフ(40%)以上でボトリング

ウイスキー文化研究所発行『ウイスキーコニサー資格認定試験教本2015下巻』より引用

ウイスキーコニサー資格認定試験教本
↓2018上巻


↓2020中巻

↓2021下巻

重要な部分をまとめると、

  • 原料はトウモロコシが51%以上。
  • 瓶詰のアルコール度数は40%以上。
  • 内側を焦がした新樽で2年以上寝かせる。

これがバーボンウイスキーの主な定義になっています。

 

ウイスキーの種類について「バーボンウイスキー」とは?「バーボン」の由来とは?

これに関してはほとんどの人が知らないと思いますので、知っていればモテ要素です!(たぶん)

「バーボン」の名称の由来は、フランス・ブルボン王朝から名をとった、ケンタッキー州の「バーボン群」から。

バーボン群の「印」を、各地に運ぶウイスキーの樽に刻印していました。その樽が「バーボン印」のウイスキーであった為、「バーボンウイスキー」と呼ばれるようになりました。バーボンの名前の由来は、地域の名前だったのです。

ちなみに、バーボン群はケンタッキー州の一部の地域ですが、この地域には現在、バーボンを作る蒸留所は一つもありません。名前の由来になった地域なのにちょっとさみしいですね。

 

ウイスキーの種類について「バーボンウイスキー」とは?バーボンウイスキーの特徴は「樽」によるものだった!?

新樽の内側を焦がしてバーボン樽をつくる

アメリカンウイスキーの種類の中でも、バーボンは個性的なタイプだと言えます。

バーボンウイスキーの特徴は、

「力強くてしっかりした味わい」

「バニラのような甘いフレーバー」

ではないでしょうか?

この特徴は、スコッチウイスキーや他の国のウイスキーにはありません。それでは、バーボンウイスキーはどのようにして、魅力的な個性を生み出しているのでしょうか。

一番の要因は「樽」にあります。

バーボンウイスキーの特徴は熟成樽によっての影響が強いのです!

じつはバーボンに限らず、ウイスキー作りで最も大切なのが熟成させる「樽」だと言われています。樽の種類、大きさ、状態によって作り出されるウイスキーは大きく変わってきます。ウイスキーの専門家のなかでも、「ウイスキーの味わいは、9割熟成させる樽で決まる」という人がいるくらいです。

 

バーボンウイスキーの熟成樽は、必ず新樽(ニューメイク)です。そして、内側を真っ黒に焦がすことが定められています。なぜ焦がすのかというと、樽とウイスキーを接する面に木炭のフィルターを作る為です。

このフィルターを作らないと、木材からのタンニン成分の流失が激しくなり、苦みのあるウイスキーになってしまうのです。こうしてほどよく調整されたバーボン樽は、スコッチよりも少し短い熟成期間をへてオークからのバニラ香がする、香ばしくて力強い風味がついた美味しいウイスキーを作り出していくのです。

バーボンウイスキーの特徴である「力強くてしっかりした味わい」「バニラのような甘いフレーバー」は、バーボン樽によって作られたものなのです。

 

ウイスキーの種類について「バーボンウイスキー」とは?バーボンウイスキーはどこで作られているの?

バーボンウイスキーは、ほとんどがケンタッキー州とテネシー州で作られています。

アメリカンウイスキーの種類のひとつであるバーボンウイスキーは、アメリカ国内でルールを守って作れば、どこの州でもバーボンと名乗れます。

あまりにも「ケンタッキーバーボン」が有名すぎて、ケンタッキー以外だとバーボンは作れないと勘違いしている人もいるようですが、実際は他の州にもバーボンは存在していることになります。

ちなみに、ケンタッキーの次に有名な産地は、テネシー州です。銘柄でいえば「ジャックダニエル」が人気のバーボンですね。テネシーウイスキー=ジャックダニエルと言っても過言ではありません。

 

ジャックダニエルは「バーボンウイスキー」であり、じつは「テネシーウイスキー」でもあります。テネシー州では、ケンタッキーとは少し違う製法でバーボンを作っています。あくまでも、バーボン法に従った上でのテネシー独自の製法です。

ではテネシーウイスキーとはどんなウイスキーでしょうか?

テネシーウイスキーとは、テネシー州で造られたバーボンウイスキーで、蒸留直後にサトウカエデの炭でろ過を施してから、樽で熟成させる「チャコール・メローイング製法」で作られているものです。

この聞きなれない「チャコール・メローイング製法」ですが、ざっくり言うと、この製法を行うことで、完成するウイスキーの味わいが軽くなります。その為、ケンタッキーバーボンより、テネシーバーボンのほうが飲みやすく仕上がります。これは他の州では行っていない、テネシー州だけの製法なのです。

バーボンウイスキーはアメリカ国内どこでも作れますが、実際に作っているのはケンタッキー州とテネシー州がほとんどで、テネシーには独自の「テネシーウイスキー」があるのです。

 

まとめ

・ウイスキーの種類について 「バーボンウイスキー」とは?

→原料にトウモロコシを51%以上使用し、内側を焦がしたオークの新樽で熟成させたウイスキーのこと。

・ウイスキーの種類について バーボンウイスキーの「バーボン」の由来は?

→フランス・ブルボン王朝から名をとった、ケンタッキー州の「バーボン群」から。

・ウイスキーの種類について バーボンウイスキーの特徴は「樽」によるものだった!?

→「力強くてしっかりした味わい」「バニラのような甘いフレーバー」などの特徴的な風味を作り出したのがバーボン樽。

・ウイスキーの種類について バーボンウイスキーはどこで作られているの?

→ほとんどがケンタッキー州とテネシー州。テネシーには独自の「テネシーウイスキー」がある。

 

 

以上がバーボンウイスキーの基礎知識でした。知っているようで意外と知らない「バーボンウイスキー」のこと、わかっていただけましたか?

バーボン造りの文化はアメリカに入植してきた、スコットランドからの移民によって作り出されました。ウイスキーの文化って、みんな繋がっているのです!

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーによって幸せになることを願っています。最後までご覧いただきありがとうございました。それでは、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました