【5000円以内】バーテンダーおすすめアメリカン・ライウイスキー5選

ユースケ
ユースケ

こんばんは ユースケです。

自己紹介:BAR WHITE OAK 店主。ウイスキー文化研究所認定 ウイスキーエキスパート。JSA認定ソムリエ。2022年1月 東京・銀座にBAR WHITE OAKをオープン。YouTubeTikTokでカクテル動画を公開中!

ライウイスキーとは?
アメリカンウイスキーの一種で、原料にライ麦を51%以上使用し、内側を焦がした新樽で熟成させたウイスキーのこと。160プルーフ(80%)以下で蒸留し、125プルーフ(62.5%)以下で樽詰めして、熟成させる。2年以上熟成させると「ストレート・ライウイスキー」と名乗ることができる。バーボンウイスキーに次いで生産量が多い。

この記事では5000円以内で購入できる、アメリカン・ライウイスキーをご紹介致します。アメリカでは近年、クラフトウイスキー蒸留所の創業ラッシュとなっていますが、バーボンに次いで人気のあるライウイスキーの生産量も増加傾向です。バーボンウイスキーのブランドが新たにライウイスキーをリリースするなど、大手メーカーも生産に入れています。

そこで今回は、現役のオーナーバーテンダーであるわたくしユースケがおすすめする、予算5000円以内でクオリティの高い、アメリカン・ライウイスキー5本を解説。アメリカンやバーボンウイスキーがお好きな方、普段はライウイスキーをあまり飲まない方にもご覧頂ければ幸いです。

 

【5000円以内】バーテンダーおすすめアメリカン・ライウイスキー5選

1. ワイルドターキー ライ
2. ジムビーム ライ
3. オールドオーバーホルト ストレートライウイスキー
4. リッテンハウス ストレートライウイスキー
5. ノブクリーク ライ

※2022年11月時点のアマゾン税込価格を参考に選出しております。

 

【5000円以内】バーテンダーおすすめアメリカン・ライウイスキー5選|ワイルドターキー ライ

ワイルドターキー ライ
700ml 40.5%
参考価格:3800円

ワイルドターキーは食品卸し業を営んでいたオースティン・ニコルズが1855年に生み出したブランドで、世界的に人気のあるアメリカンウイスキーです。フラッグシップであるバーボン「ワイルドターキー8年」は、高アルコールでありながら雑味が少なくフルーティー。ワイルドターキーはコスパが高いバーボンとして、古くから現代にいたるまで評価の高いボトルとなっています。

ワイルドターキー ライは酒齢4~5年熟成の原酒を使用しているストレートライウイスキー。ドライでスパイシーな風味は昔ながらのライウイスキーを彷彿とさせる味わいです。ライウイスキーとしては王道の銘柄ですが、バーではバーボンウイスキーのワイルドターキーを取り扱っている店が多いので、ライタイプは意外と飲んだことがない方も多いと思います。見かけた際はぜひお試しください。

 

【5000円以内】バーテンダーおすすめアメリカン・ライウイスキー5選|ジムビーム ライ

ジムビーム ライ
750ml 40%
参考価格:1900円

世界No.1売上を誇るケンタッキーバーボンウイスキー「ジムビーム」がつくるストレートライウイスキー。その誕生も1945年と歴史があり、禁酒法時代から続く昔ながらの製造方法で生産されています。味わいはライトボディでドライ。ライウイスキーはバーボンよりも軽いテイストで造られているのが一般的ですが、ジムビームライはまさにその典型的なスタイル。カクテルベースにも使いやすく、バランスの取れたフレーバーとわずかに感じる酸味が特徴的。安価なのも嬉しい限り。

ストレートだと少し物足りなさを感じるので、飲み方はハイボールがおすすめ。クセが少なくスッキリ飲みやすい味わいです。

 

【5000円以内】バーテンダーおすすめアメリカン・ライウイスキー5選|オールドオーバーホルト ストレートライウイスキー

オールドオーバーホルト ストレートライウイスキー
750ml 43%
参考価格:3200円

ジム・ビーム社がつくるウイスキー。元は1810年にペンシルバニア州・ウエストモーランド郡で、ドイツ系移民のアブラハム・オーバーホルトによって生み出されたブランド。ボトルラベルにはアブラハム氏の肖像画が描かれています。

オールドオーバーホルトは原料のライ麦を59%使用。バーボンとは異なるライトボディでドライな飲み口。フレーバーは豊かですが、後味に残らないスッキリした味わいが特徴的です。香りはバニラのフレーバー以外の、奥行きのある甘みを感じます。

バーテンダーの評価も高く、ライウイスキーをベースにするカクテル「マンハッタン」などに使用されていることも多く、オールドオーバーホルトは世界中のバーでマンハッタンの味を支えているライウイスキーと言っても過言ではありません。

 

【5000円以内】バーテンダーおすすめアメリカン・ライウイスキー5選|リッテンハウス ストレートライウイスキー

リッテンハウス ストレートライウイスキー
750ml 50%
参考価格:4300円

リッテンハウス ストレートライウイスキーは、2020年に行われたTWSC(東京ウイスキー&スピリッツコンペティション)で最高金賞を受賞。バーテンダーやウイスキー業界のプロからも評価が高いウイスキーです。

生産地はケンタッキー州にあるヘブンヒル蒸留所。1897年に定められた「ボトルド・イン・ボンド法」が採用されており、スパイシーさと、香りのバランスが絶妙です。香りはバニラ、ココア、ドライレーズン、マンゴーペースト。ライウイスキーとは思えない程豊かなフレーバー。ハーブのような爽やかさもあり、フィニッシュにかけてはビターでドライ。アルコール度数が50%で刺激は強いのですが、ストレートでも飲めてしまう不思議な心地よさがあります。

 

【5000円以内】バーテンダーおすすめアメリカン・ライウイスキー5選|ノブクリーク ライ

ノブクリーク ライ
750ml 50%
参考価格:4700円

ノブクリークはジムビーム蒸留所で製造されているスモール・バッジウイスキーです。ビーム家6代目のブッカー・ノー氏によって復刻されたブランドで、禁酒法時代以前のオールドバーボンの味わいを目指して造られています。ちなみにライウイスキーは、1920年~1933年の間に制定された禁酒法時代にはバーボンウイスキーよりも多く造られていました。しかし禁酒法撤廃後から徐々に衰退。60年代には多くの蒸留所がライウイスキーを製造から撤退しています。

ノブクリーク ライは他のライウイスキーよりも力強さをもっているのが最大の特徴。一般的なライウイスキーはライトテイストですが、ノブクリークはバニラ香がしっかりとしており、甘み・スパイス・フルーティーさ・ビターな個性は、どちらかというとバーボンに近い酒質です。少しハーブっぽいニュアンスがあり、その点は「やっぱりライウイスキーだなぁ」と感じます。

もしブラインドテイスティングで、ノブクリークライを「バーボン」ではなく「ライウイスキー」と当てることができたのなら、マジですごいと思います(笑)バーボンがお好きな方には是非おすすめしたい銘柄ですね。

created by Rinker
KNOB CREEK(ノブクリーク)
¥4,978(2022/12/10 04:07:21時点 Amazon調べ-詳細)

 



 

ライウイスキーはバーボンよりも奥深い個性があって、個人的にアメリカンウイスキーのなかでは一番おすすめ。銘柄によって個性の違いが分かりやすく、一言でライウイスキーといってもバーボン以上に多様性があります。製造するメーカーは増えているので、今後はクラフト蒸留所がつくる、さらに個性的なライウイスキーも飲むことができるかもしれませんね。

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーによって幸せになることを願っています。最後までご覧頂きありがとうございました。それでは、また。

たるブログ TOP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました