【2024年版】サントリーウイスキー「シングルモルト山崎」はどこで買える?

ユースケ
ユースケ

こんばんは ユースケです。

自己紹介:BAR WHITE OAK 店主。ウイスキー文化研究所認定 ウイスキーエキスパート。JSA認定ソムリエ。2022年1月 東京・銀座にBAR WHITE OAK をオープン。YouTube、TikTokでカクテル動画を公開中!

この記事では、サントリーウイスキー「シングルモルト山崎」を購入できる場所や、気になる「定価」や「実際の価格(流通価格)」についても解説致します。

今回は以下の内容を詳しくまとめています。

  • 山崎はどこで買えるのか?
  • 定価と実際の価格(流通価格)
  • 抽選販売について
  • 買取価格
  • ラインナップ解説「山崎」「山崎12年」「山崎18年」「山崎25年」

 

 

 

【2024年版】サントリーウイスキー「シングルモルト山崎」はどこで買える?

結論
現実店舗なら「ドン・キホーテ」。
オンラインショップなら「Amazon」や「楽天市場」などに多数出品。
ただし、定価では購入できない…

 

ドン・キホーテ

実店舗で購入できる店を探したのですが…やはり見つかりません(笑)

東京都内であれば、最も現実的なのは激安の殿堂こと「ドン・キホーテ」さん。定価では購入できませんが、プレミア価格であれば在庫があれば即日入手できます。

現状ではプレミアム価格であっても、実際の店舗で山崎を買うことは困難なので、「高くてもすぐ欲しい!」という方にはおすすめ。ただし、タイミング次第では売り切れの場合もあるので要注意。

過去に電話で問い合わせたときは、在庫の有無と価格を教えて頂くことができました。現在はどのような対応なのかはわかりません。店舗によっても変わると思います。

 

オンラインショップ「Amazon」

山崎 ノンビンテージ シングルモルトウイスキー 43度 700ml
¥16,580 税込

2024年2月時点での「Amazon」販売価格は16,000~17,000円程。2024年4月に価格改定が行われ、大幅に値上がりするので、買うなら早めがいいかも…

 

オンラインショップ「楽天市場」

2/10限定全品P3倍 【あす楽】 サントリー シングルモルトウイスキー 山崎 700ml 1本【ご注文は1ケース(12本)まで同梱可能です】【プレミアムウィスキー】

価格:15,998円 税別

楽天市場での価格もほぼ変わらない水準。送料別のショップが多いため、1本だけ購入するならAmazonの方が安いかもしれません。

 

 

【2024年版】サントリーウイスキー「シングルモルト山崎」はどこで買える?|定価・流通価格

2023年11月に、サントリーは山崎などのウイスキー銘柄の値上げを発表しました。定価が上がるのは2022年4月以来、2年ぶりとなります。

山崎シリーズの定価・旧価格・新価格を一覧にまとめました。

※流通価格は2024年2月時点の楽天市場を参考。

  定価
[2024年3月末まで]
新価格
[2024年4月~]
流通価格
[2024年2月]
山崎 4,500円 7,000円 15,750~20,980円 
山崎12年 10,000円 15,000円 29,600~38,500円 
山崎18年 32,000円 55,000円 13万~15万円 
山崎25年 160,000 360,000円 145~188万円

 

 

【2024年版】サントリーウイスキー「シングルモルト山崎」はどこで買える?|抽選販売

抽選販売は条件付き

山崎は、酒屋・デパート・家電量販店などで抽選販売が行われています。当選できれば定価購入が可能。

抽選に応募するのにはそれぞれ条件を設けている場合が多く、お店のクレジットカード会員になっていることや、一定金額の購入履歴があることなどが盛り込まれています。

 

抽選販売情報を調べる

抽選販売は、各店の「メール会員」になっている場合、メルマガで事前に通知されることが多いようです。

「そもそも会員ではない」「どこに登録すればいいのか分からない」。

そのような場合は、「ウイスキー 山崎 抽選販売」と検索し、検索窓の下にある「フィルタ」にある項目から「ニュース」を選びます。

ニュースをポチると「ウイスキー 山崎 抽選販売」に関するニュース記事のみが表示されるようになり、抽選販売の情報を調べることができます。

 

 

【2024年版】サントリーウイスキー「シングルモルト山崎」はどこで買える?|買取価格

「たるブログ」をご覧になっている方は、山崎の買取金額など興味が無いかもしれませんが…、山崎がどれくらいの金額で買い取られているのか、いちお把握しておきましょう。

ウイスキーの買取金額はボトルの状態によっても変化します。ボトル単体よりも「箱付き」や「冊子付き」の方が高く設定されています。

また、山崎の場合は「通常ボトル」と「100周年記念ボトル」が存在しており、中身のウイスキーは同じですが、ラベルのデザインが異なっています。買取金額は、100周年の方が若干高めになっていたり、同じ金額だったりと様々。

以下は、山崎の買取を行っている大手質屋のサイトから情報を集め、ざっくりと平均値を表記しています。

  参考買取金額
[2024年2月]
新価格
[2024年4月~]
流通価格
[2024年2月]
山崎 12,000円 7,000円 15,750~20,980円 
山崎12年 24,500円 15,000円 29,600~38,500円 
山崎18年 10万円 55,000円 13万~15万円 
山崎25年 100万円 360,000円 145~188万円

 

「山崎」と「山崎12年」は、定価で購入し、転売したとしても、5,000~10,000円程度の利益にしかなりません。個人的には買取に出す意味が分かりません(笑)

「山崎18年」と「山崎25年」ともなると、確かに転売して得る金額は大きくなりますが、そもそも定価で購入することが極めて難しいウイスキーです。今後は更に入手困難になるか、下手したら「終売」もあり得るかもしれません。現時点で売ってしまうのは勿体ないと思います。

できれば手元に置いておくか、いっそのこと飲んじゃう?

いや、18年、25年クラスを簡単に開けて飲んでしまうのは、流石にできないか(笑)

でも転売するくらいなら、絶対飲んだ方がいいのに…ね。

 

 

【2024年版】サントリーウイスキー「シングルモルト山崎」はどこで買える?|ラインナップ解説

山崎蒸留所
日本最古のモルトウイスキー蒸溜所であり、1923年にサントリーの創業者である鳥井信治郎によって建設されました。大阪府と京都府の狭間にある山崎の地に位置しており、美しい竹林と四季の表情を持つ理想的な気候・風土と名水を利用して、数多くの名酒を生み出しています。山崎は世界に誇るジャパニーズウイスキーの原点とも言える存在です。

創業者:寿屋(現サントリー)「鳥居信治郎」。初代工場長は「竹鶴政孝」。
所在地:大阪府三島郡島本町
敷地面積:約11万m²
標高:約20m
仕込み水:天王山を含む京都西山を水源とする地下水
水の硬度:約90度
蒸留器:ストレート型、バジルヘッド型 など
熟成庫:ダンネージ式、ラック式、近江エージングセラー(滋賀県にある集中熟成庫)
ビジター設備:あり
蒸溜所見学:完全予約制 ※予約が無ければ入場不可。

 

シングルモルトウイスキー 山崎

シングルモルトウイスキー 山崎

  • アルコール度数:43%
  • 受賞歴:2020年TWSC銀賞

「山崎10年」が終売となり、その後2012年からリリースされている、ラインナップの中で唯一のノンエイジ商品。

エイジング表記をなくすることで、山崎蒸留所の保有する莫大なストック原酒の中から、熟成年数の縛りを受けずに原酒を選定し、ブレンドすることができます。

シングルモルトウイスキー山崎の構成原酒には「ワイン樽」で熟成させたものを使用しています。ワイン樽原酒をブレンドすることで、ノンエイジでありながら12年物に匹敵するような厚みのあるボディと、山崎の代名詞である甘やかな風味をつくりだしています。

さらに、貴重な「ミズナラ樽」の原酒もブレンド。ミズナラ原酒を加えることで、より複雑な個性を生み出しています。

created by Rinker
山崎
¥19,800 (2024/04/22 15:14:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

シングルモルトウイスキー 山崎12年

シングルモルトウイスキー 山崎12年

  • アルコール度数:43%
  • 受賞歴:2018年ISC金賞、2014年SWSC金賞、2013年SWSC最優秀金賞、2010年ISC金賞、2009年SWSC最優秀金賞、2003年ISC金賞、2020年TWSC金賞

12年以上熟成した原酒を使用。深みと優しさのあるシングルモルトウイスキーです。

オロロソシェリーカスク、バーボンカスク、ミズナラカスク、パンチョンなどの、さまざまな原酒をブレンドし、ウイスキーに長い余韻と絶妙なバランスをつくりだしています。

シングルモルトウイスキー山崎12年こそ、究極のジャパニーズシングルモルトであり、サントリーの高いブレンド技術によって生み出された「調和」は見事。

「シングルモルト」でありながら、まるで「ブレンデッド」のような飲みやすさがありつつ、やはりモルトらしい芳香と、複雑に絡み合う原酒の個性を感じる味わいです。

また、山崎12年のすばらしさは、あらゆる飲み方に対応できる所にもあります。ハイボールや水割りでもボディは失われず、オンザロックでも香りは開いています。

お湯割りもおすすめ。甘やかなバニラ、キャラメル、果実香が立ち上り、ウイスキーとは別の飲み物ではないかと疑ってしまうほどです。

山崎12年はクセがなく、甘みがあってまろやか。心地よく続く余韻は、日本人に合った落ち着いた風味と言えるでしょう。

created by Rinker
山崎
¥35,980 (2024/04/22 15:14:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

シングルモルトウイスキー 山崎18年

シングルモルトウイスキー 山崎18年

  • 希望小売価格:32,000円
  • Amazon価格:111,600円 税込
  • アルコール度数:43%
  • 受賞歴: 2018年ISC金賞、2015年SWSCベストアザーウイスキー賞、2015年SWSC 最優秀金賞、2014年ISC金賞、2013年ISC金賞、2013年SWSC最優秀金賞、2012年ISC最高賞、2011年SWSC最優秀金賞、2010年SWSC最優秀金賞、2010年ISC金賞、2009年SWSC最優秀金賞、2008年SWSC最優秀金賞、2007年ISC金賞、2006年IWSC最高賞、2005年SWSC最優秀金賞、2020年TWSC金賞

シングルモルトウイスキー山崎18年はオロロソシェリーカスクの原酒を中心にブレンドしているウイスキーです。

シェリーカスクと言えば、2014年には『ウイスキーバイブル2015』で「シングルモルト山崎シェリーカスク2013」が世界一のウイスキーに認定されます。山崎のシェリーカスクは非常に優れており、ウイスキーは圧倒的な熟成感をもっています。

サントリーではシェリーカスクを自社で調達しています。そのこだわりは、シェリーカスクの原木(原材料)の調達から始まります。

良質なスパニッシュオークは現地に駐在する日本人スタッフによって選定。伐採後にスパイン南部のへレス地方へ運びます。その後、自然乾燥を経てから製樽。そして完成した樽を、契約ボデガ(シェリーの醸造所)に運び、シェリーのシーズニングを行います。

こうして最初から最後まで自社で管理することで、サントリーがこだわり抜いたスパニッシュオークのオロロソシェリーカスクを作り上げることができ、良質なシェリーカスクで熟成したウイスキーは、豊潤でフルーティーに仕上がり、甘くて濃厚な原酒を作り出します。

他の酒齢18年物のシングルモルトと比較しても、山崎18年は圧倒的な完成度であることは間違いありません(値段も圧倒的ですが…)。

created by Rinker
山崎
¥148,000 (2024/04/22 17:58:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

シングルモルトウイスキー 山崎25年

出典:https://www.suntory.co.jp/news/article/14459.html

シングルモルトウイスキー 山崎25年

  • アルコール度数:43%
  • 受賞歴:2015年SWSC最優秀金賞、2012年WWAワールド・ベスト・シングルモルトウイスキー。
    ISC 2023(International Spirits Challenge2023)において、ジャパニーズウイスキー部門最高賞「トロフィー」の受賞に加え、全部門の「トロフィー」の中から傑出した製品1品のみに授与される「シュプリーム チャンピオン スピリット」も受賞。エントリーした全部門約2,300品の頂点となる。

「シングルモルトウイスキー 山崎25年」は、サントリー創業100周年記念として発売。酒齢25年を超える希少な山崎の長期熟成を惜しげもなくブレンドした数量限定商品。

ミズナラカスク、シェリーカスク、パンチョンなどのモルト原酒を厳選して使用。年間生産本数は「千数百本」とのことですが、実際のボトリング数は明らかになっていません。

山崎25年は長期熟成特有の豊かなフルーツ香、黒い果実のソース、エスプレッソ、キャラメル、ビターチョコレートのよう。味わいはしっかりしたボディがあり、樽からのタンニン分であるビターさが強く出ています。

深い甘みと苦みが溶け込んだ、ウイスキーのようでウイスキーではないような、異次元の味わいです。複雑で特別な雰囲気をもっています。

個人的には山崎18年のほうが、ウイスキーとしてはバランスが整っているように思えますが、山崎25年にしか感じられない「風格」があるのは確実。

このウイスキーを飲めたなら、その日は「ウイスキー人生」の素晴らしい1ページとして、生涯忘れることはないでしょう…

 

 

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーで幸せになることを願っています。最後までご覧頂きありがとうございました。それでは、また。

 

 

たるブログ TOP

 

 

山崎は店頭で買うことができないので、その「姿」さえ幻になりつつあります。

2023年11月には、『供給量が増えるのは2027年頃になる可能性がある』と、サントリーが発表していますが、あくまでの「可能性」です。

現状よりも出荷量が増えることに期待しつつ、たいせつに飲んでいきましょう。転売ダメ。絶対(笑)

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーで幸せになることを願っています。最後までご覧頂きありがとうございました。それでは、また。

 

 

たるブログ TOP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました