【2024年版】3000円台!おすすめの安いシングルモルトウイスキー7選

ユースケ
ユースケ

こんばんは ユースケです。

自己紹介:BAR WHITE OAK 店主。ウイスキー文化研究所認定 ウイスキーエキスパート。JSA認定ソムリエ。2022年1月 東京・銀座にBAR WHITE OAK をオープン。YouTube、TikTokでカクテル動画を公開中!

この記事では3000円台で購入できる、「安くて 美味しい」おすすめのシングルモルトウイスキーをご紹介致します。

シングルモルトウイスキーの価格は年々上昇していますが、税込3000円台(4000円未満)で購入できる銘柄はいくつか存在しています。今回は、その中からおすすめの銘柄を7本厳選。

スコッチウイスキーの他に、アイリッシュウイスキーやインドのウイスキーも選出しておりますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

 

安くて美味しいおすすめのウイスキー紹介記事↓

 

 

【2024年版】3000円台!おすすめの安いシングルモルトウイスキー7選

  1. グレングラント アルボラリス
  2. グレンマレイ クラシック
  3. トマーティン レガシー
  4. ロッホローモンド クラシック
  5. バスカー シングルモルト アイリッシュウイスキー
  6. クロンターフ シングルモルト
  7. ポール・ジョン ニルヴァーナ

 

 

【2024年版】3000円台!おすすめの安いシングルモルトウイスキー|グレングラント アルボラリス

グレングラント アルボラリス

  • 生産国:スコットランド
  • Amazon価格:¥2,889 税込
  • 700ml 40%

「激安のシングルモルトスコッチウイスキー」として有名なのが「グレングラント アルボラリス」です。最安値は驚異の2000円台。どう考えても安すぎます。おかしいです(笑)

アルボラリスはグラングラントの「ノンエイジ(ノンヴィンテージ)ボトル」として2021年5月に発売開始。そのコスパの良さから、普段飲み用シングルモルトとしてウイスキーファンから高く評価されています。

何といっても、安くても美味しいところが最高。

原酒はバーボン樽とシェリー樽を使用。安いからといって手を抜いていません。素晴らしいバランスをもっています。原酒の未熟さは感じさせず、クセもなく、甘みがあって飲みやすいタイプ。ブレンデッドウイスキーのような軽快さはなく、シングルモルトとしての飲みごたえもある程度あります。

ネット上の評価は賛否両論ありますが、3000円以内で購入できることを考えたら申し分ない味わいです。人によってはグレングラントのフラッグシップ「10年」や「12年」よりもおいしいと感じるかもしれません。

created by Rinker
THE GLEN GRANT (ザ グレングラント)
¥2,871 (2024/04/16 12:27:51時点 Amazon調べ-詳細)

グレングラント アルボラリス テイスティンググラス付きセットはこちら↓

 

 

 

【2024年版】3000円台!おすすめの安いシングルモルトウイスキー|グレンマレイ クラシック

グレンマレイ クラシック

  • 生産国:スコットランド
  • Amazon価格:¥3,400 税込
  • 700ml 40%

グレンマレイは2008年にフランスの「ラ・マルティニケーズ社」がオーナーとなってからは、フランス企業のお膝元らしく「ワイン樽」で熟成させた商品が増えています。熟成樽を多彩に利用するようになってからはラインナップも豊富になり、現在は10種類以上のオフィシャルボトルを販売しています。

「グレンマレイ クラシック」は、ワイン樽を使用していない、まさにクラシックなタイプのシングルモルトウイスキーです。バーボンカスクで平均7年間熟成した原酒を使用。

ソフトで軽やか。クセが少なく飲みやすい印象。少しシングルモルトとしては飲みごたえにかけます。青りんご、レモングラス、ドライベルモットのような甘やかなハーブ香。

3000円代で飲めるなら十分に美味しいウイスキー。グレンマレイは「ワインカスクフィニッシュ」をほどこしたボトルも魅力的ですが、バーボンカスクのみで構成された「グレンマレイ クラシック」も、昔ながらのドライなシングルモルトスコッチとして良さを出していますね。

created by Rinker
グレンマレイ
¥3,540 (2024/04/15 23:32:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

【2024年版】3000円台!おすすめの安いシングルモルトウイスキー|トマーティン レガシー

出典:https://tomatin.com/our-whisky/core-range/legacy/

トマーティン レガシー

  • 生産国:スコットランド
  • Amazon価格:¥3,598 税込
  • 700ml 43%

トマーティン(トマーチン)はスコットランド・ハイランドにある蒸留所。ポットスチル12基で稼働しており、生産量は年間500万ℓの大規模蒸留所となっています。

「トマーティン レガシー」は、数多くあるラインナップの中でも安くて美味しいボトルとして人気があります。原酒はバーボン樽熟成と。トマーティンの新しい試みとして採用された「アメリカン・ヴァージン・オーク樽(新樽)」で熟成させたものを合わせています。

スコッチウイスキーは伝統的に「新樽」を使用しませんが、近年はウイスキー用の「樽不足」の影響もあって、スコッチの蒸留所ではさまざまな種類の樽が積極的に利用されています。

新樽は、オフィシャルボトルでも構成原酒の一部に組み込まれていたり、フィニッシュに利用されたりするなど、その汎用性がすでに証明されています。

「トマーティン レガシー」は「トマーティン12年」ほどの飲みごたえは正直いってありませんが、原酒の若さを感じさせず、バランスも悪くありません。新樽の原酒をうまくあわせることで、フレーバーをうまく調整していると思います。

 

 

【2024年版】3000円台!おすすめの安いシングルモルトウイスキー|ロッホローモンド クラシック

ロッホローモンド クラシック

  • 生産国:スコットランド
  • Amazon価格:¥3,213 税込
  • 700ml 40%

ロッホローモンドはリトルミル蒸留所の第2工場として、スコットランド最大の湖「ローモンド湖」の畔に1996年に誕生しました。

蒸留所には特殊な形状の「ローモンドスチル」がや、珍しい「スワンネック型」のポットスチル、グレーンウイスキーを製造するための連続蒸留器も設置されており、多彩な蒸留器から個性的な原酒を生み出しています。

2014年にオーナーが変更してからは、オフィシャルボトルが拡充。「ロッホローモンド クラシック」もその一つです。原酒はローモンドスチルとポットスチルで蒸溜したものをブランド。フルーティーさとドライな後味。余韻は少しピーティー。この価格帯のシングルモルトの中では複雑な印象。

ロッホローモンド 12年」と比べると、方向性が大きく変わっている印象はないものの、ちょっと別物とも思える程に造り分けている感じがあります。熟成期間と熟成樽の構成比率の違いからでしょうか。

12年物の価格は4000円程。両ボトルを比べると「やはり12年が美味しい」とも言えず、どちらが美味しいかは完全に好みかなぁ、と思います。

3000円台前半でこの味なら優秀なシングルモルト。ロッホローモンドのウイスキーはとにかく奥が深くて面白いです。

created by Rinker
ロッホローモンド
¥3,507 (2024/04/16 12:48:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

【2024年版】3000円台!おすすめの安いシングルモルトウイスキー|バスカー シングルモルト アイリッシュウイスキー

バスカー シングルモルト アイリッシュウイスキー

  • 生産国:アイルランド
  • Amazon価格:¥3,080 税込
  • 700ml 44.3%

高コスパのアイリッシュウイスキー。安くて美味しいアイリッシュ・シングルモルトといえば、名門「ブッシュミルズ シングルモルト」がお決まりでしたが、現在は「バスカー シングルモルト アイリッシュウイスキー」がその対抗馬として存在感を放っています。

「バスカー」は、アイルランド共和国のロイヤルオーク蒸留所で造られています。創業年は2016年。僅か数年で世界的に評価されるブランドとなっており、個人的には「ティーリング」以来の有力な新鋭だと感じています。

バニラ、オレンジ、洋ナシ、ハチミツ、金柑のど飴、キャラメル。甘やかな香りが主体。口に含むとまろやかでスムース。甘みがありクリーミー。クセがなく、中盤以降も穏やかに広がります。フィニッシュにかけてはドライで余韻は短め。

創業間もない蒸留所のシングルモルトが「お高い」のは決まっていますが、「バスカー シングルモルト アイリッシュウイスキー」のクオリティと3000円弱の価格には驚きです。

バスカーには「ブレンデッドウイスキー」もあります。そちらも安くて美味しいので是非おためしください。

created by Rinker
ロイヤルオーク蒸溜所
¥3,990 (2024/04/16 12:27:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

【2024年版】3000円台!おすすめの安いシングルモルトウイスキー|クロンターフ シングルモルト

出典:https://www.amazon.co.jp/

クロンターフ シングルモルト

  • 生産国:アイルランド
  • Amazon価格:¥3,300 税込
  • 700ml 40%

ダブリンに本拠を置く「クロンターフ・アイリッリュ・ウィスキー社」の手がけるアイリッシュシングルモルトウイスキー。原酒は「クーリー蒸溜所」。バーボン樽で熟成させたノンエイジボトルとなります。

このウイスキーは少し特殊な製造方法を行っています。それは、アイリッシュオークの木炭で「濾過」。ニューポットを濾過するという工程は、「ジャックダニエル」をはじめとするテネシーウイスキーでしか行われていません(クラフト蒸留所を除く)。濾過を行うことで、雑味や不香気成分を除去する働きがあるとされていますが、逆にウイスキーが本来持っている個性的なフレーバーも失ってしまうことにもなります。

「クロンターフ シングルモルト」はモルティーでシトラス系の香り。口に含むとさっぱりしており、クセは少なめ。原酒は若いと思いますが、やはり濾過が効いているのでしょうか。熟成の未熟さからのオフフレーバーはありません。

クーリー蒸留所のシングルモルトと言えば「カネマラ」が有名ですが、このウイスキーは恐らくノンピートタイプ。アイリッシュ伝統の3回蒸留が行われていることからも、カネマラとは全く異なる原酒を、独自に熟成させたシングルモルトウイスキーとなっています。

アイリッシュのシングルモルトで3000円台は魅力的。気になる方はちょっと試してみてください。

created by Rinker
タイタニックホールディングス Titanic Holdings Co., Ltd

 

 

 

【2024年版】3000円台!おすすめの安いシングルモルトウイスキー|ポール・ジョン ニルヴァーナ

出典:https://www.kokubu.co.jp/brand/101/7760244.html

ポール・ジョン ニルヴァーナ

  • 生産国:インド
  • Amazon価格:¥3,837 税込
  • 700ml 40%

世界一のウイスキー生産国&消費国である「インド」のシングルモルトウイスキー。「ポール・ジョン」は、インドの大手酒類メーカー「ジョン・ディスティラリーズ社」が造る、輸出用の高級ウイスキー。ブランド名は創業者の「ポール・P・ジョン氏」から名付けられています。

シングルモルトの生産は2009年から。インドのゴア州にポール・ジョン蒸溜所を設立し、スコッチタイプのウイスキーの製造を開始します。

「ポール・ジョン」は、すでに多くの国へ輸出されており、国際的な品評会で受賞実績があります。2019年にリリースされた「ポール・ジョン ニルヴァーナ」もその一つ。ラインアップの中で最も安価でありながら、ブリュッセル国際コンクール2019では最高金賞を受賞しています。

インドの温暖な気候によって、特異なフレーバーがでているのかと思いきや、個性的ではあるものの「シングルモルト」の域は超えていません。台湾のシングルモルトに近い味わいも感じますが、スコッチだと言われて出されても、これがインドのウイスキーだとは誰も思わないでしょう。

インドのウイスキーはこれからも伸び続けると思います。現在は大衆的なブレンデッドウイスキーが生産量の大半を占めていますが、これからはモルトウイスキーの生産も増えてくると思うので、ポールジョンをはじめとするインディアンシングルモルトにも注目しておきたいですね

created by Rinker
Paul John(ポール・ジョン)
¥3,843 (2024/04/16 12:27:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 



 

 

物価の高騰で、ウイスキーの価格も爆上がりしていますが、3000円台でシングルモルトウイスキーが飲める時代が続いていることに感謝したいですね。

安いシングルモルトは、ウイスキー初心者向けにもおすすめです。銘柄選びに迷ったら、今回ご紹介したボトルも参考にしてみてください。

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーで幸せになることを願っています。最後までご覧頂きありがとうございました。それでは、また。

 

 

たるブログ TOP

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました