【2024年版】2000円以内の安くて美味しいおすすめスコッチウイスキー7選

ユースケ
ユースケ

こんばんは ユースケです。

自己紹介:BAR WHITE OAK 店主。ウイスキー文化研究所認定 ウイスキーエキスパート。JSA認定ソムリエ。2022年1月 東京・銀座にBAR WHITE OAK をオープン。YouTube、TikTokでカクテル動画を公開中!

この記事は、2000円以内で購入できる、安くて美味しいスコッチウイスキーをご紹介する記事の「第二弾」。

第一弾「【2000円以内】安くておいしいオススメのスコッチウイスキー5選」はこちら↓

 

スコッチウイスキーは「高級」といったイメージをお持ちの方もいると思いますが、本格的なスコッチでも、お手軽な価格で購入できるウイスキーはたくさん存在しています。

そこで今回は、ネットショップや酒屋で簡単に入手できるおすすめボトル7本を解説致します。ハイボールやロックで気軽に飲めるウイスキーをお探しの方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

安くて美味しいウイスキーを紹介している記事はこちら↓

 

 

【2024年版】2000円以内の安くて美味しいおすすめのスコッチウイスキー7選

  1. クレイモア
  2. ネヴィス デュー
  3. グランツ トリプルウッド スモーキー
  4. ラベル5 クラシックブラック
  5. ベル オリジナル ユニオンジャックラベル
  6. ハディントンハウス
  7. クランスマン

※2024年5月時点の楽天市場価格を参考に選出。

 

 

【2024年版】2000円以内の安くて美味しいおすすめのスコッチウイスキー|クレイモア

出典:https://www.whyteandmackayltd.com/our-brands/claymore/

クレイモア

  • ブレンデッドスコッチウイスキー
  • 700ml 40%
  • 楽天市場価格[2024年5月]:1,050円

「クレイモア」は1977年にイギリス国内向けに販売されたブレンデッドスコッチウイスキーです。日本での知名度はあまり高くはありませんが、イギリスではリーズナブルなウイスキーとして人気があります。

製造元はブレンデッドスコッチウイスキーの名門「ホワイト&マッカイ社」。同社のマスターブレンダー「リチャード・パターソン」氏により開発され、現在は「A・ファーガソン社」が販売しています。

「クレイモア」のキーモルトはスペイサイドの「クラガンモア」。クラガンモアをキーモルト(味の中核となるモルト)にしているブレンデッドウイスキーで有名なものに「オールドパー」がありますが、クレイモアはオールドパーとは異なる個性をもっています。

オールドパーは甘みが強く、クセの少ない味わいですが、クレイモアはスコッチらしいスモーキーさがあります。ドライでスムース。

両者は製造元、クラガンモア以外の構成原酒、原酒の酒齢など、あらゆる要素が違うため、個性が違うのは当然のことです。しかし、同じクラガンモアがキーモルトとは思えない程、味わいや方向性が違うので、この辺はブレンデッドウイスキーの奥深さというか、「単純ではないなぁ」と思ってしまいますね。

created by Rinker
A・ファーガソン社
¥2,079 (2024/07/22 18:28:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

【2024年版】2000円以内の安くて美味しいおすすめのスコッチウイスキー|ネヴィス デュー

ネヴィス デュー

  • ブレンデッドスコッチウイスキー
  • 700ml 40%
  • 楽天市場価格[2024年5月]:1,145円

スコットランド・ハイランドにあるベンネヴィス蒸留所が造るブレンデッドウイスキー。

ベンネヴィス蒸留所は1825年に創業。オーナーは複数回変わりましたが、1989年にニッカウヰスキーが買収。日本企業が所有する2番目の蒸留所となります。ベンネヴィスで造られているウイスキは、日本へニューポット(蒸留直後のウイスキー)の状態で、約70%が送られており、ニッカウヰスキー製品の原酒として熟成後に使用されています。

以前は「ベンネヴィス」と蒸留所名が大きく表記されていましたが、スコッチウイスキーの法律改正に伴い、蒸留所の名称をブレンデッドウイスキーに使用する事が禁止されてしまったことで、「ネヴィス・デュー」と改名しています。

「ネヴィス デュー」はベンネヴィスを中心にブレンドされており、甘みがあって華やかなタイプ。2000円以内の価格帯のなかでは、クセが少なくてまろかやな口当たりです。

created by Rinker
ネヴィス・デュー
¥1,980 (2024/07/23 00:00:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

【2024年版】2000円以内の安くて美味しいおすすめのスコッチウイスキー|グランツ トリプルウッド スモーキー

出典:https://sanyo-brands.jp/

グランツ トリプルウッド スモーキー

  • ブレンデッドスコッチウイスキー
  • 700ml 40%
  • 楽天市場価格[2024年5月]:1,738円

「グランツ」は、グレンフィディック蒸留所などを所有する、ウィリアムグラント&サンズ社が製造しているブレンデッドスコッチウイスキー。「グランツ トリプルウッド スモーキー」は2021年2月に発売され、シグネチャーブレンドである「グランツ トリプルウッド」をベースに、スモーキーなモルト原酒を加えて作られています。

ウィリアムグラント&サンズの所有するモルトウイスキー蒸留所は「グレンフィディック」「バルヴェニー」「キニンヴィ」で、基本的にノンピートで仕込まれていますが、バルヴェニー蒸留所だけは、ヘビリーピーテッド仕込みを一部行っています。

「グランツ トリプルウッド スモーキー」には、恐らくですが、バルヴェニーのピーテッドタイプがブレンドされています。通常のグランツとは全く異なる、ピーティーでスモーキ―な味わい。余韻はビターでスパイシーさもあります。

ブレンデッドウイスキーとしては個性が強い1本。スモーキーモルトがお好きな方におすすめです。

 

 

【2024年版】2000円以内の安くて美味しいおすすめのスコッチウイスキー|ラベル5 クラシックブラック

ラベル5 クラシックブラック

  • ブレンデッドスコッチウイスキー
  • 700ml 40%
  • 楽天市場価格[2024年5月]:1,477円

「ラベル5」は1969年に発売されて以来、現在では100か国以上で販売されている、世界的に名の知れたブレンデッドスコッチウイスキーです。ブランド名の由来は、マスターブレンダーがテイスティング中に「5番目のサンプルが最も良かった」ということから。

日本市場ではほとんど見かけませんが、特にヨーロッパではトップブランドとして知られています。2019年度統計の、世界ウイスキー売上ランキングでは「29位」(出荷数270万ケース)。フランス市場ではNO.1のシェアを持っています。また、2020年のWWA(ワールド・ウイスキー・アワーズ)では金賞を獲得。その他の国際的なスピリッツコンクールでも多くの賞を受賞しています。

「ラベル5」のキーモルトは「グレンマレイ」。バーボン樽で3〜4年熟成させた原酒を主体としており、フルーティーさとバニラの香りが特徴的。飲みやすいブレンデッドウイスキー。

日本でも知れ渡れば、人気が出てきそうな気がしますね。

 

 

 

【2024年版】2000円以内の安くて美味しいおすすめのスコッチウイスキー|ベル オリジナル ユニオンジャックラベル

ベル オリジナル ユニオンジャックラベル

  • ブレンデッドスコッチウイスキー
  • 700ml 40%
  • 楽天市場価格[2024年5月]:1,640円

イギリス国内で最も売れているブレンデッドスコッチウイスキー「Bell’s ベル」。「ベル オリジナル ユニオンジャックラベル」はラベルデザインにユニオンジャック(英国旗)が採用されているボトルで、中身は通常版の「ベル」と同じです。

イギリスでは結婚式などの門出を祝うお酒として有名。「ベル」という名前は「ウエディングベル」を連想することから、そのようになったとのこと。

「ベル」は、ウイスキーの銘ブレンダー「アーサー・ベル」氏によってつくられたウイスキーで、キーモルトにはブレアアソール、インチガワー、ダフタウン、グレンキンチー、カリラなどを使用。スコッチらしいピーティーさがあります。ライトボディでスムースな飲み口は、ハイボールに最適。

いくつか特別なボトルも存在しています。クリスマスの時には「クリスマスデキャンター」。チャールズ皇太子とダイアナ妃のご成婚時には、二人の写真が描かれた「ロイヤルデキャンター」が販売されており、コレクターがいるほど人気のあるウイスキーです。

 

ユースケ
ユースケ

余談ですが「ベル」と言えば電話を開発した、スコットランド出身の「グラハム・ベル」も有名ですね。

 

 

【2024年版】2000円以内の安くて美味しいおすすめのスコッチウイスキー|ハディントンハウス

出典:https://www.amazon.co.jp

ハディントンハウス

  • ブレンデッドスコッチウイスキー
  • 700ml 40%
  • 楽天市場価格[2024年5月]:1,139円

「ハディントンハウス」は、これまでご紹介してきた銘柄と比べると知名度が低いウイスキーですが、ウイスキー評論家「ジム・マーレイ」氏の著書『Jim Murray’s Whisky Bible(ウイスキーバイブル)』で高く評価されたことをきっかけに、安くて美味しいブレンデッドスコッチウイスキーとして人気となっています。

インポーターの情報では、構成原酒にスペイサイドとハイランド産のモルトウイスキーと、ローランド産のグレーンウイスキーを使用とあります。

言い方次第ですが、大体のブレンデッドウイスキーに、スペイサイドとハイランドのモルトは使ってるし、グレーン原酒もローランドに有名なグレーンウイスキー蒸留所があるので、このレベルの情報では「ハディントンハウス」について、何か明確に分かるということはありません…

しかしながら、ジム・マーレイ氏から評価されているだけあって味は確かです。バランスが良く、あらゆる飲み方に対応できます。これは完全に伏兵銘柄(笑)

有名な銘柄も、もちろん美味しいのですが、無銘だからと言って侮ってはいけませんね。

created by Rinker
Haddhington House(ハディントンハウス)
¥1,389 (2024/07/23 00:00:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

【2024年版】2000円以内の安くて美味しいおすすめのスコッチウイスキー|クランスマン

出典:https://www.amazon.co.jp

クランスマン

  • ブレンデッドスコッチウイスキー
  • 700ml 40%
  • 楽天市場価格[2024年5月]:1,158円

スコットランド・ローランドにあるロッホローモンド蒸留所が製造しているブレンデッドスコッチウイスキー。

ロッホローモンドはモルトとグレーンの両方の原酒を製造している蒸留所で、モルトウイスキーは様々なタイプを造り分けています。また、グレーンウイスキー造りにもこだわりを持っており、「サイレントスピリッツ」と呼ばれるグレーン原酒を、単体でも飲みごたえのある個性に仕上げた「シングルグレーンウイスキー」もリリースしています。

「クランスマン」にはロッホローモンド蒸留所のグレーン原酒がメインで使用されており、その他複数のモルトをブレンドしています。

モルト原酒の配合が少ないと、ウイスキーの味わいは単調になりがちですが、「クランスマン」はむしろ個性がしっかりとあるタイプ。口当たりはなめらかで、尖った味わいには感じません。

グレーンの甘みを感じる、グレーン主体のブレンデッドウイスキー。なかなか面白いですね。気になる方はぜひ飲んでみてください♪

 

 



 

 

自宅で気軽に飲めるウイスキーとして、リーズナブルなブレンデッドスコッチは最適ですね。

今回はブレンデッドスコッチの紹介でしたが、たるブログでは他にも安くておいしいウイスキーの紹介記事がございます。そちらも参考にしていただければ嬉しいです。

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーで幸せになることを願っています。最後までご覧頂きありがとうございました。それでは、また。

 

 

高級ジャパニーズウイスキーを定価で買うなら…
東急クレジットカード会員限定のウイスキー抽選販売がおすすめ!

  • 山崎、白州、響などの希少なジャパニーズウイスキー抽選販売の参加が可能。
  • 東急グループの他、提携先が豊富なのでポイントを貯めやすい。
  • PASMOのオートチャージができる(一体型カードと通常カードの両方で利用可能)
  • 年会費は初年度無料。次年度以降は1,100円。

≪東急カード公式サイトはこちら≫

 

たるブログ TOP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました