スコッチウイスキー「アイランズ」の全蒸留所を解説!おすすめ銘柄3選 

ユースケ
ユースケ

こんばんは。ユースケです。

僕の自己紹介:経歴9年の現役バーテンダー。ウイスキー文化研究所認定「ウイスキーエキスパート」。JSA認定「ソムリエ」。

この記事ではスコッチウイスキーの産地で、「諸島モルト」とも呼ばれるアイランズモルト(アイラ島以外の島々の総称) の全蒸留所8か所を簡単に解説していきます。アイランズの蒸留所を詳しく知らない方や、もう一度おさらいしたい方、アイランズモルトにご興味のある方におすすめの内容になっています。 

最後にはおすすめのオフィシャル・アイランズモルトを3つご紹介いたします。入手もしやすいものに限定しましたので、ぜひご参考にしてみて下さい。 

 

スコッチウイスキー「アイランズ 」の全蒸留所を解説!蒸留所一覧 

アイランズとは アイラ島以外の島々の総称のこと。 

 アイランズ の全蒸留所8か所 

  1. ハイランドパーク [ Highland Park ]  <オークニー諸島> 
  2. スキャパ [ Scapa ] <オークニー諸島  
  3. アビンジャラク [ Abhainn Dearg ] <ルイス島> 
  4. アイル・オブ・ハリス [ Isle of Harris ] <ハリス島> 
  5. タリスカー [ Talisker ] <スカイ島> 
  6. トバモリー [ Tobermory ] <マル島> 
  7. アイル・オブ・ジュラ [ Isle of Jura ] <ジュラ島> 
  8. アイル・オブ・アラン [ Isle of Arran ] <アラン島> 

 

ウイスキーコニサー資格認定試験教本
↓2018上巻


↓2020中巻

↓2021下巻

 

スコッチウイスキー「アイランズ 」の全蒸留所を解説! 

ハイランドパーク [ Highland Park ] 

 
<オークニー諸島> エドリントン・グループ社 

オークニー諸島メインランド島にある、スコットランド最北端の蒸留所です。伝統的な製麦方法である、フロアモルティングを続けている数少ない作り手です。ウイスキーはピーティーでソルティー。甘みとフローラル感もあり、熟成樽によって多彩に変化をするモルトです。 

 

 

スキャパ [ Scapa ] 


<オークニー諸島 > ペルノリカール社 

オークニー諸島メインランド島にある蒸留所です。アイランズでは珍しく、ノンピーテッド麦芽を使ったウイスキー作りをしています。初留釜にはローモンドスチルが使われている為、ノンピーテドですが個性的な原酒を生み出します。 

 

 アビンジャラク [ Abhainn Dearg ] 

<ルイス島> マーク・テイバーン 

2008年に創業した新しい蒸留所で、スコットランドで最も西にあります。ポットスチルが2基のみの小さな生産規模のため、シングルモルトのリリースは限定的。飲めるようになる日を待ちましょう。 

 

 アイル・オブ・ハリス [ Isle of Harris ] 

<ハリス島> アイル・オブ・ハリス社 

2015年にできたばかりの新しい蒸留所です。流通量は少なく、現在は公式ホームページで販売がメインになっています。モルト以外に、昆布をボタニカルに使用したジンも作っています。 

   

タリスカー [ Talisker ]  


<スカイ島> ディアジオ社 

現在スカイ島にある、唯一の蒸留所です。1928年までは3回蒸留が行われていましたが、現在は2回蒸留です。味わいはピーティーでソルティー。スパイシーです。これぞアイランズモルトといっていい、しっかりとした個性ですね。ちなみに仕込み水は、1か所ではなく、多くの水源から調達しているところは、スコットランドでも珍しい蒸留所です。 

 

 

トバモリー [ Tobermory ]  


<マル島> ディステル社 

1798年創業と歴史はありますが、休業と再開を繰り返していました。ディステル社の経営になってからは安定して生産。オフィシャルも販売されるようになりました。ノンピーテッド麦芽の仕込みは「トバモリー」。ヘビリーピーテッド麦芽は「レダイグ」としてリリースしています。 

 

アイル・オブ・ジュラ [ Isle of Jura ]  


<ジュラ島> エンパラドール社 

1500年頃には密造が盛んだった島「ジュラ島」にあります。アイラ島の隣の島です。ウイスキーはノンピーテッドですが、仕込み水はピート色の濃い茶色系です。クセはありますが、スモーキーさは控えめ。不定期にヘビリーピーテッドの仕込みも行っています。 

  

 

アイル・オブ・アラン [ Isle of Arran ]  


<アラン島> アイル・オブ・アラン・ディスティラリーズ社 

1995年創業。小さい島ですが、かつては50以上の蒸留所がありました。アランは操業までに多くの出資者を集め、島の人々の期待にこたえた形で完成しました。ウイスキーはモルティーでスパイシー。少しピーティーで、バランス型です。ポートワイン樽などを使うことで、甘みがあるウイスキーを作っています。 

 

スコッチウイスキー「アイランズ」の全蒸留所を解説!おすすめ銘柄3選     

 

レダイグ10年

アルコール度数:46.3% 5200円
トバモリー蒸留所のヘビリーピーテッドタイプが「レダイグ」です。
スモーキーでライトボディ。フルーティーさもあります。
アイラ島のウイスキーと似ているようで似ていない、レダイグは独特の個性が感じられます。

ハイランドパーク 12年 ヴァイキング・オナー

アルコール度数:40% 4700円
ラベルが新しくなってよりスタイリッシュになりました。
アイランズの中でもバランスに優れていて、ピーティー、スモーキー、フルーティー、モルティーと、香り構成も複雑です。
まずはこの12年をベースにして、多彩に変化するハイランドパークをお楽しみ下さい。

スキャパ スキレン

アルコール度数:40% 6800円
スキャパ16年にかわって登場した「スキレン」。アイランズでは珍しく、ピーティーな風味がなく飲みやすいのが特徴です。
スムーズでドライ。華やかさもある個性はまるでハイランドモルトのようです。
オンザロックでゆっくり飲むのもいいですね。

まとめ 

アイランズ の全蒸留所8か所 

ハイランドパーク [ Highland Park ]  <オークニー諸島> 

スキャパ [ Scapa ] <オークニー諸島 > 

アビンジャラク [ Abhainn Dearg ] <ルイス島> 

アイル・オブ・ハリス [ Isle of Harris ] <ハリス島> 

タリスカー [ Talisker ] <スカイ島> 

トバモリー [ Tobermory ] <マル島> 

アイル・オブ・ジュラ [ Isle of Jura ] <ジュラ島> 

アイル・オブ・アラン [ Isle of Arran ] <アラン島> 

  

アイランズはそれぞれが個性をもつ、島育ちの「地ウイスキー」です。スコッチの聖地「アイラ島」に追いつけるように、新しいウイスキー作りなどを行い、これからも革新的に変化して いくことでしょう。アイランズのウイスキーに目が離せないですね! 

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーによって幸せになることを願っています。最後までご覧いただきありがとうございました。それでは、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました