ウイスキー関連のおすすめ情報 ウイスキーでダイエット⁉カロリーと糖質について

 

ユースケ
ユースケ

こんばんは。ユースケです。

僕の自己紹介:経歴9年の現役バーテンダー。ウイスキー文化研究所認定「ウイスキーエキスパート」。JSA認定「ソムリエ」。

この記事では、ダイエット中でもウイスキーを飲んでも大丈夫なのか?という疑問にお答えします。そして、気になるウイスキーの「カロリー」と「糖質」に関しての解説と、じつはウイスキーがダイエットに向くお酒であることについてもご説明いたします。 

このような方におすすめの内容になっています。  

  • ダイエット中だけど、お酒・ウイスキーがやめられない方。
  • ウイスキーのカロリーと糖質が気になる方。 
  • 他のお酒と比較して、ウイスキーがダイエットに向くのかを知りたい方。

  ウイスキーは「ダイエット中にも飲んでもよいお酒」など言われることが良くありますが、実際はどうなのでしょうか? 

文部科学省の“食品成分データベース”を参考に、ウイスキーのカロリーと糖分について、具体的な数値を踏まえながら、本当にダイエットに向くのかを解説します。 

さらに、ウイスキー特有のダイエット効果がある成分についてもお伝えします。 

 この記事を読めば、ウイスキーがダイエットに向くお酒であることに納得できると思います。 ぜひ最後までご覧ください。 

 

ウイスキー関連のおすすめ情報  ウイスキーでダイエット⁉カロリーと糖質の量 

まずダイエットをする中で、最も気になるのがウイスキーのカロリーと糖質の量ですね。 

 ウイスキー100ml(100g)当たり 

カロリーは237カロリー。 

糖質(炭水化物)はg。 

(食品成分データベースを参考) 

 100mlといってもちょっとわかりにくいですね。 

一般的には1ショット(30ml)がウイスキー1杯分の提供量です。(ウイスキーの飲み方で提供量が変わるお店もあります) 

つまり、ウイスキー1杯のカロリーは71カロリー。糖質は 

 

ウイスキー関連のおすすめ情報  ウイスキーでダイエット⁉ウイスキーはカロリーが低いかを比較 

カロリーについて詳しく見ていきましょう。 

ダイエットをしている限り、気になるのはやはりカロリーですね。ウイスキーのカロリーは低いのでしょうか? 

ウイスキー1杯分は71キロカロリーです。 

しかし、この数値だけを見ても、ウイスキーのカロリーが低いのか高いのかが判断できません。ダイエットをする上では、少しでも低カロリーなお酒を意識して飲むようにしたいですよね? 

そこで、ウイスキーがダイエットに向くのかを検証する為に、他のお酒のカロリーと比べていきます。  

  • 今回の比較は、お酒の量で比較せず、飲んだアルコールの量で換算する。 
  • 比較するアルコール量は20g。厚生労働省が定める一日の飲酒量の適量とされるが20gである為。(少ないですね、もっと飲みたい…)
  • アルコール量20gはウイスキーの量だと60ml(2杯分)。

 

アルコール20gあたりのカロリー比較 
 カロリー 

糖質(炭水化物) 

お酒の量 
ウイスキー 142 60ml (2杯分) 
ブランデー 142 60ml (2杯分) 
日本酒 196 8g 180ml (1合) 
赤ワイン 161 3.3g 220ml (グラス2杯分) 
ビール 216 16g 540ml (ビール中瓶1本分とちょっとくらい) 
焼酎(単式蒸留) 102 70ml (1杯と半分くらい) 

2杯飲んだ時に一番高カロリーなのが「ビール」ですね。一番低カロリーなのは「焼酎」でした。

アルコールの量に関して比較してみると、面白いことがわかりました。 

だいたいのお酒が約2杯分で、アルコール20gになっています。これは何かの偶然でしょうか… これならお店でお酒を注文するときも、カロリー摂取量の目安を、飲んだ杯数で計算できるのでわかりやすいですね。 

上記の表でわかる通り、ウイスキーのカロリーは醸造酒(日本酒、ワイン、ビール)と比べれば低いのですが、同じ蒸留酒である「焼酎」よりは高いことがわかります。 

しかし、1杯あたりの提供量から考えると、ウイスキーと焼酎のカロリーに大差がないことに気が付きます。焼酎の一般的な提供量は少なくても1杯45mlです。つまり2杯で90ml。 カロリー計算だと131カロリーとなり、ウイスキー2杯分の142カロリーとほぼ同じです。 

 結論 ウイスキーのカロリーは、焼酎よりは少し高いが、ほとんど差はない。 お酒のジャンル全体で比べると低い為、ダイエットに向くお酒である。 

 ダイエットには、カロリーの計算上では焼酎がよいのですが、「あまり変わらない」ので、お好きな方でよいと思います。皆さんはもちろん、ウイスキーを選びますよね? 

 

ウイスキー関連のおすすめ情報  ウイスキーでダイエット⁉ウイスキーの糖質は0g 

カロリーが低いことはわかりました。それでは糖質はどうでしょうか? 

 結論 ウイスキーの糖質は0g 

 基本的にウイスキーを含む蒸留酒には糖質が含まれていません。  

ユースケ
ユースケ

食品成分データベースで蒸留酒を調べると、ほとんどが0gでした。なぜか「ジン」は100gあたり0.1gになっていました。ボタニカルから糖質が微量に流失しているから、でしょうか??

 ダイエット中は、糖質をできるだけ抑えたいですよね? 蒸留酒である糖質0のウイスキーを飲むのが、ダイエットにはベストです! 

 

ウイスキー関連のおすすめ情報  ウイスキーでダイエット⁉ カロリー、糖質以外にもダイエットに向く要素があった! 

ウイスキーには、カロリーと糖質の要素以外からも、ダイエットに向く理由があります。 それは、樽ポリフェノール による「脂肪燃焼効果」です。 

 ウイスキーは樽での熟成によって、樽の内側から「樽ポリフェノール」が出てきます。(リオニレシノール、エラグ酸など) 

この樽ポリフェノールは、脂肪燃焼に効果があるとされています。まさにダイエットの強い味方ですね!  

ユースケ
ユースケ

樽ポリフェノールがより多のは長期熟成のウイスキーです。値段は高いのですが、最良のダイエット飲料だったりして(笑)

さらに、樽ポリフェノールは抗酸化作用があり、アンチエイジング(若返り)や、がんの予防にも効果があるといわれています。  ウイスキーを飲むことで、ダイエットの成功を助けてくれるだけでなく、健康的に免疫を高めることもできるのです。 

やはり、ダイエット中に飲むお酒はウイスキーで決まりですね! 

 

まとめ 

ウイスキー関連のおすすめ情報  ウイスキーでダイエット⁉カロリーと糖質の量   

→ウイスキー1杯のカロリーは71カロリー。糖質は0。 

  ウイスキー関連のおすすめ情報  ウイスキーでダイエット⁉ウイスキーはカロリーが低いかを比較  

 →焼酎よりは少し高いが、ほとんど差はない。 お酒全体で比べると低い為、ダイエットに向く。 

ウイスキー関連のおすすめ情報  ウイスキーでダイエット⁉ウイスキーの糖質は0g   

→糖質0のウイスキーを飲むのが、ダイエットにはベスト。 

ウイスキー関連のおすすめ情報  ウイスキーでダイエット⁉ カロリー、糖質以外にもダイエットに向く要素があった! 

→「樽ポリフェノール」による脂肪燃焼効果がある。 

 

 

ダイエット中にお酒を飲むのなら、ウイスキーが一番良いということをわかって頂けたでしょうか? カロリーは低いし、糖質は0。おまけに脂肪燃焼が期待できる訳ですから、こんなにすばらしいダイエット向きのお酒は他にありません。 

 ただし、カロリーが低いとは言え、飲みすぎには注意しましょう。健康的にウイスキーを適度にたのしみながら、ダイエットに成功できることを願っています。 

 

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーによって幸せになることを願っています。最後までご覧いただきありがとうございました。それでは、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました