ウイスキーの種類について「ブレンデッドウイスキー」とは?

ユースケ
ユースケ

こんばんは。ユースケです。

僕の自己紹介:経歴9年の現役バーテンダー。ウイスキー文化研究所認定「ウイスキーエキスパート」。JSA認定「ソムリエ」。

みなさんはご存じでしょうか?じつはウイスキー消費量の9割がブレンデッドウイスキーです。ウイスキーを飲んだことがある人なら、ブレンデッドウイスキーは必ず飲んでいるといっても過言ではありません。

そんな身近なブレンデッドウイスキーですが、

「じつはよく知らない」

「ブレンデッドウイスキーってなに?」

という方も多いと思いますので分かりやすく解説したいと思います。この記事を読めば、ブレンデッドウイスキーへの疑問が解決できますよ!

 

ウイスキーの種類について「ブレンデッドウイスキー」とは?

ブレンデッドウイスキーとは…

複数のシングルモルトウイスキーと、グレーンウイスキーをブレンドしたウイスキーです。

  • モルトウイスキー+グレーンウイスキー = ブレンデッドウイスキー

※モルトウイスキーに一滴でもグレーンウイスキーが入れば、ブレンデッドウイスキーになる。

 

※モルトウイスキーに一滴でも他の蒸留所のモルトウイスキーが入れば、ブレンデッドモルトウイスキーになる。

 

  • モルトウイスキーAのみ = シングルモルトウイスキー

 

もう少し詳しく解説します。

「ブレンデッド・スコッチウイスキー」の場合は、スコットランドの蒸留所から集めた複数のシングルモルトと、同じくスコットランドにあるグレーンウイスキー蒸留所の原酒をブレンドしたものになります。

具体例として、ブレンデッド・スコッチウイスキー「バランタイン」の場合はこんな感じです。

シングルモルトウイスキー:スキャパ、プルトニー、バルブレア、グレンカダム、グレンバーギ、ミルトンダフ、アードベッグ。※その他40くらいの蒸留所の原酒が入っていると言われている。

+

グレーンウイスキー:ストラスクライド蒸留所。バランタインのグレーンウイスキーは一つの蒸留所の原酒みを使用。

ブレンデッド・スコッチウイスキー「バランタイン」

 

ちなみに、年数表記があるウイスキーの場合、モルト原酒、グレーン原酒が両方とも規定年数に達していないと表記できないルールです。

 

 

ウイスキーの種類について「ブレンデッドウイスキー」とは?なぜブレンドするのか?

そもそも、なんでブレンドするのか?という疑問にお答えします。

「シングルモルトで十分おいしいじゃないか」

「ブレンドするのは蒸留所に対して失礼じゃないの?」

こんな感じに思われている人もいるかと思います。

「なぜブレンドするのか?」

簡単に答えるなら、「ブレンドして飲みやすいウイスキーを作りたかったから」です。

これは、ブレンデッドウイスキー誕生の話「スコッチの歴史」から紐解いていく必要があります。今後、詳しく解説したいと思いますが、今回は簡単にまとめていきます。

ウイスキーコニサー資格認定試験教本
↓2018上巻


↓2020中巻

↓2021下巻

都市部でシングルモルトが飲まれ始める。

しかし、クセの強いシングルモルトは大衆向けではなかった。

「飲みやすくしたらもっと売れるかも?」と気づいた人がいた。

モルトウイスキーにグレーンウイスキーを混ぜたら飲みやすくなることを発見!

つくったらバカ売れ。ブレンデッドウイスキーは海外に輸出するようになった。

世界中にブレンデッド・スコッチウイスキーが広まった。

ウイスキー=ブレンデッドウイスキーが一般的になった。

という感じで、シングルモルトではなく、ブレンデッドウイスキーの普及によって「ウイスキーはそもそもブレンドするのが常識」というようになっていきました。

ブレンデッドウイスキーはなぜブレンドするのか?

それは、シングルモルトより飲みやすいウイスキーを作る為だったわけです。

 

ウイスキーの種類について「ブレンデッドウイスキー」とは?ブレンダーとは?

ブレンデッドウイスキーは複数の蒸留所の、個性の違ういろいろなウイスキー原酒を混ぜて作ります。この作業を行うのが「ブレンダー」といわれる、ブレンデッドウイスキーをつくる専門の職人さんです。

ブレンダーは、原酒をブレンドしてウイスキーを完成させる、ウイスキーづくりにおける重要なポジションです。

配合を誤れば、ウイスキー同士の調和がとれなくなり、ブレンドした意味がなくなってしまいます。

ブレンダーの主な仕事は、

  • 既存のウイスキーブランドの味を守っていくこと。(常に同じ味に完成させること)
  • 新製品の開発。
ユースケ
ユースケ

ブレンダーの仕事はすごいですよ!そもそもブレンデッドウイスキーとは、原酒を同じ割合で合わせて作るのもではありません。単純なブレンド作業では、ウイスキーそれぞれが持つ個性が発揮できないのです。

 

ブレンダーは、数百種類の原酒サンプルからの個性を見極めて、配合する量を絶妙に調整しています。

たとえ同じ蒸留所の、同じ年数の原酒であっても、ウイスキーの味わいは、樽ひとつひとつ微妙な違いがあります。

それを繊細に感じ取って、ブレンドによって常に同じ味わいに仕上げていくのです。

これはかなり訓練を必要とする、ほんとにすごい技術なんです!

ブレンダーとはブレンデッドウイスキーをつくる専門の職人さん。僕はブレンダーの仕事は神業だと思っています。

 

まとめ

・ウイスキーの種類について「ブレンデッドウイスキー」とは?

→複数のシングルモルトウイスキーと、グレーンウイスキーをブレンドしたウイスキー。

ウイスキーの種類について ブレンデッドウイスキーはなぜブレンドするのか?

→ブレンドして飲みやすいウイスキーを作りたかったから。

ウイスキーの種類について ブレンデッドウイスキーを作る「ブレンダー」とは?

→ブレンデッドウイスキーをつくる専門の職人さん。その仕事はめっちゃすごい。

 

 

ブレンデッドウイスキーは身近な存在ですが、良く知らない人は多いと思います。この記事をよんでくれて、少しでもブレンデッドウイスキーの理解が深まってくれたら幸いです。ブレンデッドウイスキーこそが「ウイスキー」なのです!

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーによって幸せになることを願っています。最後までご覧いただきありがとうございました。それでは、また。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました