【2023年版】6000円以内|バーテンダーおすすめのブレンデッドモルトウイスキー5選

ユースケ
ユースケ

こんばんは ユースケです。

自己紹介:BAR WHITE OAK 店主。ウイスキー文化研究所認定 ウイスキーエキスパート。JSA認定ソムリエ。2022年1月 東京・銀座にBAR WHITE OAK をオープン。YouTube、TikTokでカクテル動画を公開中!

ブレンデッドモルトウイスキーとは?
モルト原酒のみをブレンドしているウイスキーのこと。かつては「ヴァッテッド・モルト」とも呼ばれていた。通常は複数のシングルモルトウイスキーを合わせて造られているが、ティースプーン1杯分だけ異なる蒸留所の原酒を合わせた「ティースプーンモルト」も存在する。

この記事では予算6000円以内で購入できる、おすすめのブレンデッドモルトウイスキーをご紹介致します。

シングルモルトと比べると、ブレンデッドモルトはそれほど多くの銘柄が存在していませんでしたが、ここ数年で一気にブランドが増えました。複数のモルト原酒を使用していることから生産量が安定しており、シングルモルトよりもコスパが良くリーズナブルなボトルがいろいろとあります。

そこで今回は、バーホワイトオークのオーナーバーテンダーである私がおすすめする5本のブレンデッドモルトウイスキーを解説。

有名銘柄から少しマイナーなボトルまで、タイプの違うウイスキーを厳選しました。是非最後までご覧ください。

 

 

【2023年版】6000円以内|バーテンダーおすすめのブレンデッドモルトウイスキー5選

出典:https://sanyo-brands.jp/

  1. ジョニーウォーカー グリーンラベル 15年
  2. ロックアイランド
  3. あかし ダブルブレンダーズ モルトハーモニー ワールドブレンデッド
  4. ビッグピート
  5. モンキーショルダー

※2023年3月時点のAmazon価格を参考に選出。

 

【2023年版】6000円以内|バーテンダーおすすめのブレンデッドモルトウイスキー5選|ジョニーウォーカー グリーンラベル 15年

 

ジョニーウォーカー グリーンラベル 15年

  • スコッチウイスキー
  • アルコール度数:43%
  • 容量:700ml
  • 参考価格:5200円

ジョニーウォーカーは世界で最も売れているブレンデッドスコッチウイスキーのブランドで、ラインナップ全てを合わせた販売本数は、インドのウイスキーを含めなければウイスキー全体でも世界一となっています。

そんな超メジャーブランドであるジョニーウォーカーシリーズのブレンデッドモルトウイスキーが「ジョニーウォーカー グリーンラベル 15年」。

日本で通年販売となったのは2016年で、意外と最近のこと。その当時は今ほどブレンデッドモルトウイスキーの銘柄はありませんでしたので、グリーンラベルはモルトブレンドとしては代表的な存在でした。

酒齢15年の設定でありながらリーズナブルで高品質。スコッチらしいライトなピーティーさと、モルティーな風味のバランスが絶妙です。ジョニーは「レッド」や「ブラック」、高級な「ブルー」などの方がピックアップされがちですが、シリーズの中で最もコスパに優れたウイスキーではないでしょうか。

ちなみに、ジャパニーズシングルモルトウイスキー「白州」と味わいが似ているとの意見がネット上ではありますが、個人的には確かにその通りだと思います。絶妙なピーティー感と青りんご系のフルーティーフレーバーなどは、類似していますね。

他にも「ジョニーウォーカー グリーンラベル 15年」に味わいが似ているウイスキーを知っている方は、コメント欄で教えて頂けると嬉しいです♪

 

【2023年版】6000円以内|バーテンダーおすすめのブレンデッドモルトウイスキー5選|ロックアイランド

ロックアイランド

  • スコッチウイスキー
  • アルコール度数:46.8%
  • 容量:700ml
  • 参考価格:5400円

アイランズモルト(諸島モルト)のみをブレンドして造られたウイスキーで、販売当初は「ロックオイスター」という名前でしたが、名称が変更となり現在は「ロックアイランド」という名前で流通しています。

ロックオイスターは有名ボトラーズ会社「ダグラスレイン社」の「リマーカブルリージョナルモルトシリーズ」としてリリースされました。

このシリーズで最も有名なのは、後ほど紹介する「ビッグピート」ではないでしょうか。2009年に発表されたビッグピートは、閉鎖蒸留所のポートエレンの原酒を含んでいることで一躍注目された、アイラ島の原酒のみで造られたブレンデッドモルトウイスキーです。

「リマーカブルリージョナルモルトシリーズ」はその他に、スペイサイドモルトのブレンド「スカリーワグ」、ハイランドモルトのブレンド「ティモラスビースティ」、ローランドモルトのブレンド「ザ エピキュリアン」そして、アイランズモルトのブレンドが「ロックアイランド」となっており、それぞれ異なる地域のモルト原酒を合わせたシリーズとなっています。

ロックアイランドの特徴は、アイランズらしい「潮気」と「ピーティーさ」でしょうか。

使用されているモルト原酒は非公開ですが、アランとジュラが確実に入っていることは知らされており、その2つの蒸留所の特性を感じる部分もあります。

ビッグピートと比べると、全体的なスモーキーさは控えめですが「クセが無い」という訳ではありません。甘さにソルティー&ピーティーな風味がある所は個性的。飲む人次第ではビッグピートよりもクセをあるようにも感じることができるでしょう。

ロックアイランド

 

【2023年版】6000円以内|バーテンダーおすすめのブレンデッドモルトウイスキー5選|あかし ダブルブレンダーズ モルトハーモニー ワールドブレンデッド

あかし ダブルブレンダーズ モルトハーモニー ワールドブレンデッド

  • ワールドウイスキー
  • アルコール度数:47%
  • 容量:500ml
  • 参考価格:5400円

江井ヶ嶋蒸溜所と長濱蒸溜所が互いに「原酒交換」を行い、両蒸留所のブレンダー同士が複数の原酒サンプルからティスティングを重ねてブレンドしたという特別なウイスキー。

原酒はそれぞれの蒸留所で造られたものと、海外からの輸入モルト原酒が含まれているため、ジャパニーズウイスキーではなくワールドブレンデッドモルトとなります。

ちなみに長濱蒸溜所からリリースされたボトルは「INAZUMA(イナズマ) エクストラセレクテッド エディションNo.2」となっており、「あかし ダブルブレンダーズ モルトハーモニー ワールドブレンデッド」とは姉妹ウイスキーといった形になっています。

あかし ダブルブレンダーズ モルトハーモニー ワールドブレンデッドに使用している原酒は以下の通り。

  • 長濱蒸溜所のノンピーテッドモルト(酒齢不明)
  • 江井ヶ嶋蒸溜所のライトピーテッドモルトをバーボン樽で4年熟成したもの
  • 江井ヶ嶋蒸溜所のライトピーテッドモルトをペドロヒメネス樽で4年熟成したもの
  • 海外産の4年熟成モルト。
  • 海外産の5年熟成モルト。

【テイスティングノート】
香り:レモンやアーモンドの甘酸っぱいフルーツ、ハチミツ。
味わい:熟した赤肉メロン、アーモンド、チョコ、少しジンジャー。やわらかな酸味としっかりとした麦芽の甘み。

蒸留所同士がお互いに協力する形でブレンデッドモルトウイスキーを制作することは、日本のウイスキー業界ではこれまで見られなかったことです。近年はこのウイスキーだけに限らず、他社間での原酒交換が盛んになっています。

スコットランドのように原酒交換の文化がジャパニーズウイスキーでも広まっていけば、相互のウイスキー造りに良い影響を与えると思うので、これからもこういったコラボウイスキーの制作を続けてほしいですね。

あかし ダブルブレンダーズ モルトハーモニー

 

【2023年版】6000円以内|バーテンダーおすすめのブレンデッドモルトウイスキー5選|ビッグピート

ビッグピート

  • スコッチウイスキー
  • アルコール度数:46%
  • 容量:700ml
  • 参考価格:5700円

ボトラーズ会社「ダグラスレイン社」がリリースしているブレンデッドモルトウイスキー。「クセの強いブレンデッドモルトウイスキーと言えば?」と聞かれたら真っ先に思い浮かぶのが「ビッグピート」ではないでしょうか。

ブレンデッドモルトウイスキーは通常、グレーンウイスキーが入っていないことから、シングルモルトに近い豊かなフレーバーを持っていますが、その中でもビックピートはリッチで個性的。アイラ島産のスモーキーなモルトウイスキーをブレンドしており、シングルモルトを疑ってしまうほどのピーティーでクセのあるウイスキーに仕上がっています。

使用されているモルト原酒は「アードベッグ」「カリラ」「ボウモア」「ポートエレン」の4つ。アードベッグのみ「酒齢16年以上の原酒」と公開されています。その他について、原酒の熟成年数は公表されていませんが、おそらく酒齢の若い原酒が主体となっていることでしょう。

また、閉鎖蒸留所である「ポートエレン」に関しては、「1982年~1983年に製造された原酒を使用」とされていますが、実際のところはどうでしょうか。実質「一滴」でもブレンドすれば原酒として名乗ることが可能なので、この辺はまぁ、良しとしておきましょう…

味わいはスモーキーでピーティー。ボディは軽めでスッキリとしています。ハイボールやロックなどで、気軽に飲みたいブレンデッドモルトウイスキーですね。

ビッグピートは数多くの限定ラインナップをこれまでリリースしていますが、個人的に最も気になるのが「目薬サイズの超ミニボトル」。スコットランド本土でしか手に入らないレアボトルです。中身はスタンダードと一緒ですが、面白いので飾っておきたい(笑)

created by Rinker
ダグラスレイン
¥5,799 (2024/04/16 14:03:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

【2023年版】6000円以内|バーテンダーおすすめのブレンデッドモルトウイスキー5選|モンキーショルダー

モンキーショルダー

  • スコッチウイスキー
  • アルコール度数:40%
  • 容量:700ml
  • 参考価格:4500円

ウィリアム・グラント&サンズ社がリリースしている「トリプルバッテッドモルトウイスキー」。同社の経営するグレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィのモルト原酒をブレンドしています。

商品名の「モンキーショルダー」とは、製麦を行う職人が抱えている「職業病」のこと。今のように機械化される前の精麦作業は「フロアモルティング」と呼ばれているもので、非常に重労働でした。

フロアモルティングの作業を行う職人たちは、肩や腰、腕などを痛めることがよくあり、その症状のことを「モンキーショルダー」と呼んでいたそうです。現在の蒸留所では、自家製麦自体を取りやめている所がほとんどで、モンキーショルダーに悩まされている職人さんは、もう存在していないかもしれませんね。

モンキーショルダーは洋ナシ、青りんご、シトラス系のフルーティーさと、かすかに感じるピート香が複雑さ形成しているブレンデッドモルトウイスキー。同社の造るブレンデッドウイスキー「グランツ」とも違ったリッチな風味があります。

ストレートでもおいしく飲めますが、ハイボールもおすすめ。飲みやすいバランスなのでウイスキー初心者にもおすすめできますね。

モンキーショルダー

 

 

 



 

 

ブレンデッドモルトウイスキーは、シングルモルトウイスキーとくらべるとマイナーなイメージがあるかもしれませんが、モルトの原酒不足と物価高騰が続く昨今は、コスパに優れたウイスキーとして再び注目されるようになってきました。

シングルモルトのように個性的なタイプも増えてきており、スコッチやジャパニーズの蒸留所が増えていく中では、原酒を効率よく活用するために、今後も新たな商品が開発されていくことでしょう。

必要以上にシングルモルトやブレンデッドウイスキーにこだわらず、ブレンデッドモルトウイスキーも積極的に飲む選択肢に入れていきたいですね!

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーで幸せになることを願っています。最後までご覧頂きありがとうございました。それでは、また。

 

 

たるブログ TOP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました