IPA(インディアペールエール)とは?ビールカスクのおすすめウイスキー3選

ユースケ
ユースケ

こんばんは ユースケです。

自己紹介:BAR WHITE OAK 店主。ウイスキー文化研究所認定 ウイスキーエキスパート。JSA認定ソムリエ。2022年1月 東京・銀座にBAR WHITE OAK をオープン。YouTubeTikTokでカクテル動画を公開中!

この記事ではIPAビールの樽で熟成させたウイスキーをご紹介致します。

ビールの世界に欠かせない存在となった「IPA(インディア・ペールエール)」。ウイスキー愛好者にとっても、「IPAビールカスク」は魅力的なウイスキーをつくる上で近年注目されています。

そこで今回は、IPAの歴史や特徴についての解説と、IPAビールカスクで熟成させたおすすめのウイスキー3本ピックアップ。

IPAカスクはビールとウイスキーの素晴らしいクロスオーバーを証明しています。ビールが好きな方も必見の内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

IPAビール(インディアペールエール)とは?

IPAの基本

IPA(アイピーエー)とは、ビールの特定のスタイルのことで、正式名称は「India Pale Ale(インディア・ペールエール)」。IPAは「ホップ」を大量に使用することが特徴で、そのため一般的なビールと比較して香りや苦味が強くなる傾向にあります。

IPAにもいくつかの種類と異なる製法がありますが、その中でもウイスキーと関りが深いものとしては、「バレル・エイジド製法」で造られた「木樽熟成IPA」があります。

IPAビールの木樽(IPAカスク)で寝かせることで、樽から個性的な風味をビールに与えることができ、そして木樽の方にもIPAビールのユニークな風味を宿すことができます。

IPAビールの樽で熟成させたウイスキーは、ビール由来の麦芽の香りが強くなり、エステリーでシトラスのようなアロマ、複雑でコクのある味わいを生み出すことができます。

 

「ジェムソン カスクメイツ」の製法説明

IPAカスクは、ウイスキーの熟成用として伝統的に使われてきた「シェリー樽」や「バーボン樽」とは全く異なる個性を与えるため、スコッチやアイリッシュ、日本のモルトウイスキーやブレンデッドウイスキーなどにも幅広く利用されています。

IPAビールのアルコール度数は通常のビールよりも高め。一般的には5.5%から7.5%ほど。アルコールの高さと使用するホップが多いことにより、木樽での熟成に耐えることができます。

すべてのIPAビールが木樽で熟成している訳ではありませんが、「バレル・エイジド製法」が用いられているビールの多くがIPAビールであるため、必然的にウイスキー用の「ビールカスク」=「IPAビールカスク」といった図式ができあがっています。

 

ユースケ
ユースケ

IPAは「インドのペールエール」という意味ですが、実際はインドで生産されているもの、という訳ではありません。

 

IPAの歴史

IPAビールが初めて誕生した背景には、当時のインドがイギリスの植民地であったという歴史的な事実が関わっています。

当時、イギリスからインドまでのビールを運ぶまでの道のりは、アフリカ大陸を回り、赤道を2回横断する長距離の航海。その間にペールエール・ビールは腐敗してしまうことが多々ありました。

そこで、防腐効果の高い「ホップ」を大量に使用することで、ペールエールの腐敗を抑制する試みがなされました。この製法はみごとに成功し、やや強いアルコール度数と、ホップの強い香りと苦味を持つ「IPA」が誕生しました。

1840年頃には、イギリスでも「IPA」が知られるようになり、国内向けの製造も増えていきます。19世紀の終盤頃には、本来のオーソドックスな「ペールエール」に戻る醸造所がほとんどでしたが、IPAが流行る以前のスタイルへ「完全に戻る」というよりは、IPAの特徴も保持するスタイルが増えます。

つまり、IPAは、単なる輸出用のビールではなく、当時のエールビールのスタイルにも変化を与えた存在なのです。

IPAクラフトビール飲み比べ14種セット パンクIPA ヘイジージェーン インドの青鬼
ノーブランド品

 

 

IPA(インディアペールエール)とは?ビールカスクのおすすめウイスキー3選

  1. ジェムソン カスクメイツ IPAカスク
  2. グレンフィディック IPA エクスペリメント インディアペールエールカスクフィニッシュ
  3. シングルモルト 駒ヶ岳 IPAカスクフィニッシュ Bottled in 2022

 

 

ジェムソン カスクメイツ IPAカスク

ジェムソン カスクメイツ IPAカスク

  • ブレンデッドアイリッシュウイスキー
  • 40% 700ml
  • Amazon価格:¥3,300 税込

NO.1アイリッシュウイスキー「ジェムソン」のIPAカスク。アイルランドのクラフトブルワリー「フランシスカン・ウェル」とのコラボ商品。IPAカスクは、元々ジェムソンの熟成に使用した樽を使用しており、IPAを熟成させた後、ジェムソンに戻してウイスキーを熟成させています。

IPAカスクはフィニッシュ(後熟)用として利用。ホップの風味やグレープフルーツやオレンジ、レモンのようなシトラス系のフルーティーさがあります。

IPAカスクのウイスキーとしてはかなりリーズナブル。手ごろに楽しめるボトルとしておすすめです。

 

 

 

グレンフィディック IPA エクスペリメント インディアペールエールカスクフィニッシュ

グレンフィディック IPA エクスペリメント インディアペールエールカスクフィニッシュ

  • シングルモルトスコッチウイスキー
  • 43% 700ml
  • Amazon価格:¥6,999 税込

「グレンフィディック IPA エクスペリメント インディアペールエールカスクフィニッシュ」は、実験的な試みでリリースされた「エクスペリメンタルシリーズ」の第1弾。

アメリカンオーク樽で熟成した原酒を抜き出した後、「SPEYSIDE BREWERY社」が製造したIPAで4週間熟成させ、樽から抜き出し再びグレンフィディックの元へ戻しています。

IPAカスクでのフィニッシュは12週間。それ以前の熟成年数は公開されていません。販売価格を考慮すれば、原酒はおそらくスタンダードボトル「グレンフィディック12年」とさほど変わらない酒齢であると予測できます。

グレンフィディックが持っている青リンゴや洋梨の清涼感のあるフルーティーさに、ホップ由来のモルティーさとビターなボディが加わり、より複雑でフルーティ。

12年物と比べると明らかに違います。IPAカスクの個性がしっかりと反映されている1本。

 

 

シングルモルト 駒ヶ岳 IPAカスクフィニッシュ Bottled in 2022

シングルモルト 駒ヶ岳 IPAカスクフィニッシュ Bottled in 2022

  • シングルモルトジャパニーズウイスキー
  • 52% 700ml
  • Amazon価格:¥17,468 税込

「シングルモルト駒ヶ岳 IPAカスクフィニッシュ Bottled in 2022」は、南信州ビール駒ヶ岳醸造所で造られたIPAカスクでフィニッシュをほどこしたジャパニーズシングルモルトウイスキー。

南信州ビール駒ヶ岳醸造所は、中央アルプス駒ケ岳の山麓(標高800m)に位置する「マルス信州蒸溜所」内にあるブルワリー。モルトウイスキーとIPAのクロスオーバーが自社内で行われています。限定2,700本。

バニラ、レモンキャンディー、ウッドデッキ、グレープフルーツ、花梨、ハチミツ、エールビール、べっ甲飴。甘やかでフルーティーな香りが続きます。

口に含むとクリーミ―でなめらかな舌触り。モルティーで酵母っぽさもあります。

中盤以降は甘くてエステリー。フィニッシュにかけてはドライでモルティー。全体的にビールっぽいアロマがあって、語彙力がない表現になりますが「やっぱりIPA」って感じがします(笑)

この商品は限定品ですが、毎年リリースされています。気になる方は早めに購入しておきましょう。

created by Rinker
ノーブランド品
¥19,480 (2024/03/03 16:04:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

 



 

 

IPAの芳醇な香りによって完成した熟成樽から生まれるウイスキーの深い味わい。IPAカスクで熟成したウイスキーは年々増加しています。

ビールとウイスキー、それぞれが持つ独自の魅力が融合したIPAカスクは、ウイスキーの新たな領域をこれからも追い求め続けることでしょう。

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーによって幸せになることを願っています。最後までご覧頂きありがとうございました。それでは、また。

たるブログ TOP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました