ウイスキー用語集 さ行

ウイスキー用語 「さ」

サワーマッシュ

バーボンウイスキーの製造に使われる製法のこと。アルコール濃度0%の蒸留廃液を、モロミにくわえることでPH値を良い状態に調整することができる。また、酵母の栄養分にもなり、ウイスキーの風味付けにも影響を与える。

 

サントリー

日本で初めて本格的なモルトウイスキーの工場である「山崎蒸留所」をつくった会社。ウイスキーメーカーのパイオニア。2014年にビーム社を買収して「ビームサントリー」になり、世界でも有数の酒類製造メーカーとなった。

 

ウイスキー用語 「し」

直火焚き加熱

単式蒸留器の加熱方法の一つ。ポットスチルの下から直接火をあてて加熱する。熱源は石炭やガスが利用される。

 

ジャパニーズウイスキー

日本のウイスキーのこと。5大ウイスキーの一つ。ジャパニーズウイスキーの詳しい解説はこちら

 

熟成

ウイスキーは木製の樽に入れて熟成させる。ウイスキーの定義の中でもっとも重要な部分。

 

蒸留

アルコール発酵したモロミを蒸留器に入れて蒸留する。ウイスキーの種類によって、蒸留器や蒸留方法が異なる。蒸留までの工程が、ウイスキー作りが人の手によって影響をあたえるところである。

 

ショット

ウイスキー1杯分(約30ml)をショット(1ショット)という。海外の規格はこの量とは異なる。

 

ジャック・ダニエル

本名「ジャスパー・ニュートン・ダニエル」。テネシーウイスキー「ジャックダニエル」をつくった人物。わずか13歳で蒸留所を買収し、ウイスキー作りを始める。身長155センチ。たくさんの愛人がいたという。

 

ジョン・コー

修道士ジョン・コーは1494年に、スコットランドで公式に初めてウイスキーを作ったとされる人物。この年が、スコッチウイスキー誕生の年とされている。

 

シェリーカスク

ウイスキーの熟成樽の一種。「バット」とも呼ばれる。オロロソシェリーの熟成(シーズニング)後の空き樽をつかって、ウイスキーを熟成させる。伝統的なスコッチウイスキーの熟成に欠かすことのできない樽。熟成樽の種類についてはこちら

 

仕込み水

ウイスキーの製造全般に使われる水で、軟水の場合が多い。仕込み水は、製麦、糖化、ウイスキーの加水などに利用され、ウイスキー作りには欠かすことのできない重要な役割を果たしている。ミネラル分を程よく含む天然水が使われている。硬度は軟水のものが多いが、スコットランドでは硬水を仕込み水にしている蒸留所も存在している。

 

ウイスキー用語 「す」

スコッチウイスキー

スコットランドでつくられてウイスキーのこと。スコットランド国内で、モロミをつくり、蒸留、3年間以上の熟成、ボトリングをしなければいけない。スコッチウイスキーの詳しい解説はこちら

 

ストレート

ウイスキーの飲み方の一種。「ニート」とも言う。何も加えず、スミフターといわれる香りを感じやすいグラスに入れ、常温の状態で飲む。ウイスキーの味が最もわかる飲み方。ウイスキーの飲み方の解説はこちら

ストレート・アメリカン・ウイスキー

規定でつくられたアメリカンウイスキーを、2年間以上熟成されたものは、「ストレート」と表記することができる。2年間以上熟成させた、ケンタッキー州のバーボンは「ケンタッキー・ストレートバーボン」と表記できる。

 

スペイ川

スコットランド・ハイランド地方の東部をながれる川の名前。この川の周辺でウイスキー作りが盛んに行われている。

 

スペイサイド

スコッチウイスキーの生産地の一つ。スペイ川周辺のエリアのこと。昔は「ハイランド」の一部であったが、現在は独立してスペイサイド地域と呼ばれるようになった。蒸留所が最も密集しているエリア。

 

スモーキー・フレーバー

スコッチウイスキーなどの特有な香りを表す言葉。スモーキーな香りを「ピーティー」と表現することもある。スモーキーな香りはモルトを乾燥させる際につかう燃料「ピート」によるもの。ピートで燻されたモルトはスモーキーなフレーバーがつき、蒸留したウイスキーにもその香りが付くことになる。

 

スニフター

ウイスキー用のストレートグラスのこと。ワイングラスのように少しくぼんでおり、香りがたまるような仕組みになっている。スニフターがない場合は、ロックグラスでもストレートでウイスキーを楽しむことはできる。

 

ウイスキー用語 「せ」

 

ウイスキー用語 「そ」

 

タイトルとURLをコピーしました