ウイスキー用語集 あ行

ウイスキー用語 「あ」

アイラ Islay

スコットランド・ヘブリティーズ諸島の南にある島。通称アイラ島。「ウイスキーの聖地」呼ばれスモーキーなウイスキーを作っている。蒸留所の数は閉鎖・蒸留準備中を含めて11か所ある。島の4分の1が、分厚いピート層で構成されている。

 

アイリッシュウイスキー

アイルランド共和国と、イギリスの一部である北アイルランドでつくられたウイスキーのこと。歴史上はスコットランドよりも先にウイスキーを作ったとされている。ウイスキーの種類はモルトウイスキーと、グレーンウイスキー。その2つを混ぜて作るブレンデッドウイスキーが主流である。アイルランドにしかない「ピュアポットスチルウイスキー」という伝統的なウイスキーも存在する。

アイリッシュウイスキーの詳しい解説はこちら

 

アフターテイスト

ウイスキーを飲んだ後の余韻のこと。アフターテイストは「ストレート」で飲むことでより強く感じ取れる。一般的に、シングルモルトはアフターテイストが長く、ブレンデッドウイスキーは短い。

 

アンチルフィルタード (ノンチルフィルタード)

ウイスキーの冷却濾過をしていないことを表す。一般的な製品は冷却濾過を行う。冷却濾過とは、溶け込んでいる香味成分や油脂成分が、白濁して「オリ」になるのを防ぐために、原酒や製品を0度くらいまで冷却してフィルターにかけて事前に取り除く作業のこと。アンチルフィルタードによって取り除かれる成分の中にも、ウイスキーの個性が詰まっているとの考え方から、蒸留所やボトラーズ会社によってはこの作業を行わない。その場合に「アンチルフィルタード、またはノンチルフィルタード」と表記されることになる。

 

アメリカンウイスキー

アメリカの連邦アルコール法に基づいてつくられるアメリカ産のウイスキーのこと。バーボンウイスキーが有名。そのほかに、ライウイスキー、コーンウイスキー、ウィートウイスキーなどがある。

 

アクアヴィッテ (アクアヴィット)

別名「生命の水」。一般的にはジャガイモから作った蒸留酒のことだが、ウイスキーの世界では、最初に作られたウイスキーの名前でもある。1494年のスコットランドの王室財務係の記録にアクアヴィッテをつくらせたという内容が残っている。時がたって、アクアヴィッテから「ウシュクベーハー」、そして「ウイスキー」と呼ばれるようになっていった。

 

ウイスキー用語 「い」

 

ウイスキー用語 「う」

ウイスキーコニサー

ウイスキー文化研究所が認定しているウイスキーの資格認定制度。コニサーとは「鑑定家」の意味。一段階の「ウイスキーエキスパート」に始まり、「ウイスキープロフェッショナル」、「マスター・オブ・ウイスキー」と段階がある。試験は通常年一回。詳しくはこちらのページで確認できる。

 

ウイスキー検定

ウイスキー文化研究所が実施している、ウイスキーを勉強してもっと楽しむための試験。各級それぞれ難易度があるため、初心者の人でも気軽にチャレンジできる。詳しくはこちらのページで確認できる。

ウイスキーフェスティバル

ウイスキー文化研究所が主催する、日本国内最大級のウイスキーの試飲展示イベント。毎年、東京と大阪で開催される。詳しくはこちらのページで確認できる。

ウイスキー

穀物を原料につくった蒸留酒。詳しいウイスキーの定義はこちら

 

ウシュクベーハー

「生命の水」という意味。ウシュクベーハーはゲール語。「ウイスキー」と呼ばれる前のウイスキーの名称。

 

ウイスキー用語 「え」

エージングセラー

ウイスキーを熟成させる倉庫のこと。エージングセラーにはさまざまなタイプがあるが、基本的には外気との通気性がよく、周辺の環境の影響も受けながら、ウイスキーは熟成していく。

 

エライジャ・クレイグ

エライジャ・クレイグ牧師は「バーボンウイスキーの祖」とよばれ、現代のバーボンウイスキーに近いものを広めた人物。

 

ウイスキー用語 「お」

オンザロックス

ウイスキーの飲み方の一つ。氷をいれて飲むスタイル。ウイスキーの飲み方に関しての詳細はこちら

 

オールドボトル

古い年代のウイスキーのこと。すでに生産されていないものが多く、仮に生産されてたとしても、オールドボトルの原酒は古い時代につくられたウイスキーであるため、現在のオフィシャル品とは味が全く異なる。

 

オプティック

ウイスキー用の大麦品種の名前。2000年頃から使われている。

 

タイトルとURLをコピーしました