【初心者向け】ブレンテッドモルトウイスキーとは?おすすめボトル5選

ユースケ
ユースケ

こんばんは ユースケです。

自己紹介:BAR WHITE OAK 店主。ウイスキー文化研究所認定 ウイスキーエキスパート。JSA認定ソムリエ。2022年1月 東京・銀座にBAR WHITE OAK をオープン。YouTube、TikTokでカクテル動画を公開中!

この記事では「ブレンデッドモルトウイスキー」について、初心者向けにわかりやすく解説いたします。

ウイスキーにはたくさんの種類がありますが、「ブレンテッドモルトウイスキー」という言葉が頻繁に使われるようなったのはここ数年の話。「シングルモルトは知っているけど、ブレンデッドモルトは知らない」「ブレンデッドウイスキーと何がちがうの?」といった疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか。 

そこで今回は、ブレンデッドウイスキーやシングルモルトとの違いについてと、「バッテッドモルト(ヴァッテッド)」についても解説。最後には、初心者向けにおすすめするブレンデッドモルトウイスキーを5本ご紹介いたします。 

 

 

 

【初心者向け】ブレンテッドモルトウイスキーとは?

「ブレンテッドモルトウイスキー」とは

複数の蒸留所で造られたモルトウイスキーをブレンドしたもの。かつては「バッテッドモルト(ヴァッテッド)」と言われていた。異なる蒸留所で造られたモルトウイスキーが「一滴」でも混ざれば、ブレンデッドモルトウイスキーとなります。

 

補足情報:ウイスキーの種類

シングルモルトウイスキー:一つの蒸留所で造られたモルトウイスキー。

モルトウイスキー:大麦麦芽100%で造られたウイスキー。シングルモルトとブレンデッドモルトはモルトウイスキーのカテゴリーに含まれる。

ブレンデッドウイスキー:モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたもの。

グレーンウイスキー:モルト以外の穀物(主に小麦やトウモロコシ)をメインの原料とし、連続式蒸留機で造られるウイスキー。

 

「ブレンデッドモルトウイスキー」と「ブレンデッドウイスキー」の違い

「グレーンウイスキー」が入らない

「ブレンテッドモルトウイスキー」は、文字通りにモルトウイスキーのみをブレンドして造ります。一方、「ブレンデッドウイスキー」はモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたもの。

どちらも「ブレンド」していることには変わりありませんが、モルトウイスキーとは全く異なる個性を持つ「グレーンウイスキー」をブレンドすることで、ウイスキーの種類として、両者は全く別物となります。

 

ユースケ
ユースケ

「ブレンデッドモルトウイスキー」と「ブレンデッドウイスキー」は違う種類のウイスキーなので、ボトル表記もしっかりと区別されているよ。

 

スコットランドのグレーンウイスキーの蒸留所紹介記事↓

 

 

【初心者向け】ブレンテッドモルトウイスキーとは?おすすめボトル5選|バッテッドモルトとは? 

「バッテッドモルト(ヴァッテッドモルト)」は、ブレンデッドモルトを示す表現として使われていた言葉です。現在でもこの呼び名は使われていますが、一般的には「ブレンデッドモルト」が表記上でも使用されています。

 

「バッテッドモルト」の呼び名が変わった理由

なぜ呼び名は変わったのでしょうか? 

それは、ウイスキーの種類を区別するのに誤解を招く可能性があるから。

そもそも「バッテッド」とは、バット(シェリー樽のこと)同士を合わせることから、バッテッドと呼ばれていました。ウイスキー造りに携わる職人さんの中で使われていた「ウイスキー専門用語」だったようです。

次第にその言葉が「造り手」から「売り手」へ浸透していき、シングルカスク(一つの樽)と区別するために、異なる樽同士を合わせたウイスキーのことを「バッテッド」と呼ぶようになりました。

「バッテッド」という言葉を使わくなった理由は、「ブレンデッドモルト」との区別を明確にするため。 

例えば、同じ蒸留所内の樽と樽を合わせる=「バッテッド」すると、この場合はシングルモルトになります。バッテッドしたウイスキーではありますが、同じ蒸留所の原酒同士ならば「シングルモルト」です。

一方、まったく違う蒸留所同士のモルトを「バッテッド」した場合は、ブレンデッドモルトウイスキーになります。同じバッテッドでも、 ウイスキーの種類としては異なります。

作業上ではどちらも「バッテッド」したウイスキーではありますが、バッテッドという言葉を使うことで、「シングルモルト」か「ブレンデッドモルト」かで混乱を生じてしまいます。

消費者に誤解を与えてしまわないように、同一蒸留所の樽を合わせた場合は「バッテッド」。異なる蒸留所の樽を合わせた場合は「ブレンデッドモルト」と、それぞれが明確になるように表記するようになりました。

  • 同じ蒸留所内のブレンドは「バッテッド」
  • 異なる蒸留所同士のブレンドは「ブレンデッドモルトウイスキー」

同じ蒸留所内のブレンド(シングルモルト)であることが明らかな場合は、「〇〇蒸留所のバッテッド」という表現を使います。例えば、バーボンカスクとシェリーカスクの2樽を合わせたバッテッドだよ」みたいな感じです。

もしくは、ブレンドした蒸留所が2か所である場合も、「〇〇蒸留所と〇〇蒸留所のバッテッド」と表現することもあります。  

 

ユースケ
ユースケ

バッテッドという言葉はあまり使われなくなっていますが、今でもモルトウイスキー同士のブレンドという意味から、ブレンデッドモルトウイスキーのことを「バッテッドモルトウイスキー」と表現する場合もあります。

 

 

 

【初心者向け】ブレンテッドモルトウイスキーとは?おすすめボトル5選

ブレンデッドモルトウイスキーのおすすめ銘柄を紹介します。

 

ジョニーウォーカー グリーンラベル 15年

ジョニーウォーカー グリーンラベル 15年

Amazon価格:¥5,226

「ジョニ緑」として定着 15年以上の原酒を使用

世界一売れているブレンデッドウイスキーとして名高い「ジョニーウォーカー」シリーズの一つ。

モルト原酒のみがブレンドされたグリーンラベルは、キーモルトが見事なバランスにブレンドされた、往年のモルトウイスキーファンも納得の1本。

フルーティーさのなかに爽やかなピートを感じ、まるでシングルモルトのような飲みごたえのある個性です。

ウイスキーファンの間では「白州に似ている」との声も多く耳にします。噂の真相は…ご自身で確かめてはどうでしょうか。

 

ロックアイランド

ロックアイランド

Amazon価格:¥5,398

島々のモルト原酒をブレンド 海岸線で飲みたいウイスキー

ボトラーズ会社のダグラスレインがリリースしているブレンデッドモルトウイスキー。

ロックアイランド(旧名 ロックオイスター)はスコットランドの島々にある蒸溜所のモルトウイスキーをブレンドしています。

オークニー諸島(メインランド島)、アラン島、アイラ島、ジュラ島の原酒で構成されており、スモーキーでソルティーな風味が特徴。

ハイボールにするとハチミツのような甘い香りとヘザーピート、スパイシーさを感じることができ、飽きのこない個性的な風味を愉しむことができます。

 

モンキー ショルダー

モンキー ショルダー

Amazon価格:¥3,631

3匹のお猿さんがトレードマーク 初心者向けの飲みやすいウイスキー

ウィリアム・グラント&サンズ社によってリリースされている「トリプルヴァッテッドモルトウイスキー」。同社が経営するグレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィの原酒をブレンドしています。

クセが少なくやわらかい味わい。フルーティーさと麦芽の芳ばしさ。

ちなみに「モンキーショルダー」とは製麦を行う職人が抱えている「職業病」のことで、製麦が機械化されるまでは「フロアモルティング」という手作業によって大麦麦芽を作っていました。

フロアモルティングは現在、ほとんどの蒸留所で行われていませんが、ウイスキー造りの「原点回帰」を推し進める新規蒸留所などでは、仕込みの一部に使用するなど伝統的な製法を取り入れる動きがあります。

created by Rinker
モンキー ショルダー
¥3,527 (2024/05/23 04:41:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

ニッカ セッション

ニッカ セッション

Amazon価格:¥3,760

ニッカウヰスキーの新たなブランド 自由を歌うモルトのセッション

2020年9月に発売されたワールド・ブレンデッドモルトウイスキー。

ニッカウヰスキーが所有するスコッチウイスキー「ベンネヴィス」、日本の「余市」、「宮城峡」などがブレンドされています。同社が発売するプレミアムウイスキーの中で、海外原酒と国産原酒をブレンドしていることを公言するのは初めてのこと。ニッカウヰスキーは伝統を重んじる企業ですが、固定観念にとらわれないウイスキー造りが行われています。

味わいは爽やかでライトボディ。クセは少なく飲みやすいバランス。ストレートよりもハイボールや水割りのほうがおすすめです。

 

ニッカウヰスキーの価格改定情報はこちらの記事↓

 

スカリーワグ

スカリーワグ

Amazon価格:¥6,612

マッカラン、グレンロセス、モートラックのシェリー樽で熟成した原酒を使用

ダグラスレイン社がリリースするスペイサイドの原酒をキーモルトにしたブレンデッドモルトウイスキー。ラベルに描かれているのはフォックステリア。

スカリーワグは数量限定ボトルとして発売されましたが人気となったことで、現在は複数のラインナップ・限定エディションが存在しています。

オロロソシェリー原酒の甘やかさと、クセのないソフトな飲み口が魅力。モルトウイスキーの個性が見事に融合していますね。

価格は6000~7000円。ブレンデッドモルトとしてはやや高めの設定ですが、クオリティは高いと思います。

created by Rinker
ダグラスレイン
¥6,000 (2024/05/23 04:41:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

 



 

 

冒頭でもお伝えした通り、「ブレンデッドモルトウイスキー」という言葉が使われ始めたのはつい最近の話。そもそもモルト原酒のみをブレンドした商品が少なかったことから、「ブレンデッドモルト」と「バッテッドモルト」が混同されることが問題視されていませんでした。

しかしウイスキーの多様化や銘柄の増加によって、モルトウイスキーだけをブレンドした商品が多くなり、現在は誤解を生まないために正式な呼称「ブレンデッドモルトウイスキー」の表記を使うことが一般的となりました。

最近では異なる国のモルト原酒をブレンドした「ワールドウイスキー」も珍しくはなくなりました。ブレンデッドモルトウイスキーはさらなる進化を遂げています。これからも注目していきたいですね!

 

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーで幸せになることを願っています。最後までご覧頂きありがとうございました。それでは、また。

 

 

高級ジャパニーズウイスキーを定価で買うなら…
東急クレジットカード会員限定のウイスキー抽選販売がおすすめ!

  • 山崎、白州、響などの希少なジャパニーズウイスキー抽選販売の参加が可能。
  • 東急グループの他、提携先が豊富なのでポイントを貯めやすい。
  • PASMOのオートチャージができる(一体型カードと通常カードの両方で利用可能)
  • 年会費は初年度無料。次年度以降は1,100円。

≪東急カード公式サイトはこちら≫

 

たるブログ TOP

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました