合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリットとは?

ユースケ
ユースケ

こんばんは。ユースケです。

僕の自己紹介:経歴9年の現役バーテンダー。ウイスキー文化研究所認定「ウイスキーエキスパート」。JSA認定「ソムリエ」。

この記事では「ウイスキー検定」についてのご説明と、受験するメリットや合格するために必要な「テキスト」「過去問(練習問題)」について触れていきたいと思います。

ウイスキー検定の受験に興味がある方、ウイスキーに関しては初心者で、ウイスキーの勉強を本格的に始めたいと思っている方におすすめの内容になっております。

ユースケ
ユースケ

ウイスキー検定「2級」合格者である、わたくしユースケが分かりやすく解説いたします。ぜひ最後までご覧ください。

第13回 ウイスキー検定(在宅試験)
・在宅試験期間:2021年9月17日(金)~ 2021年9月27日(月)
上記試験期間内にご自宅等で受験。試験の制限時間は各級60分。
・実施階級:「3級」「2級」
・受験料(税込)2級 5,500円、3級 4,400円
・受験資格:20歳以上の方ならどなたでも
・応募期間:2021年5月17日(月) ~
<コンビニ支払・銀行振込>2021年8月18日(水)まで
<クレジット決済>2021年8月25日(水)まで

 

  1. 合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリットとは?ウイスキー検定とは?
    1. ウイスキー検定とは?
    2. ウイスキー検定を受験するメリット
    3. ウイスキー文化研究所とは?
    4. 2つの資格認定 「ウイスキー検定」と「ウイスキーコニサー」の違いとは?
      1. ウイスキー検定
      2. ウイスキーコニサー
  2. 合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリット 検定開催日について
  3. 合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリットとは?各級の詳細
      1. 3級(初心者向け)
      2. 2級(中級者向け)
      3. 1級(上級者向け)
      4. JW級(ジャパニーズ・ウイスキー級)
      5. SM級(シングルモルト級)
      6. BW級(バーボンウイスキー級)
      7. IW級(アイリッシュウイスキー級)
  4. 合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリットとは?特典について
  5. 合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリットとは?検定テキスト・参考書籍紹介
      1. 新版 ウイスキー検定公式テキスト
      2. ウイスキー検定 過去問題集9
      3. ウイスキー検定 公式問題集JW級 Vol.1
      4. ウイスキー検定 公式問題集SM級 Vol.1
      5. ウイスキーコニサー資格認定試験教本2018【上巻】
      6. ウイスキーコニサー資格認定試験教本2021【下巻】
      7. ウイスキーコニサー資格認定試験教本2020【中巻】
      8. ウイスキー検定 公式問題集3級 Vol.1
      9. ウイスキー検定 公式問題集2級 Vol.1
      10. ウイスキー検定 公式問題集1級 Vol.1
      11. シングルモルトスコッチ大全【完全版】
      12. ブレンデッドウィスキー大全
      13. Whisky Galore(ウイスキーガロア)
  6. 合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリットとは?無料セミナーを受講しよう

合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリットとは?ウイスキー検定とは?

ウイスキー検定とは?

ウイスキーをもっと知り、もっと楽しむための知識を問う試験です。

ウイスキー検定公式HPより引用

わたしの言葉で説明すると、「ウイスキー好きの為にある、ウイスキーがもっと好きになって、楽しくなるきっかけを与えてくれる検定」です。

 

ウイスキー検定を受験するメリット

ずばり!「ウイスキーを勉強するきっかけが作れる」ことでしょうか。

ウイスキーの知識が増えることで、よりおいしいウイスキーと出会える確立を上げることができますよね。そこで、ウイスキーを「知りたい」「勉強したい」と思ってはみたものの、なかなか勉強するきっかけが作れず、行動できない方も多いのではないでしょうか?ウイスキーに関する本を読んだり、ネットで調べたりするだけでは限界がありますよね。

 

ウイスキー検定を受験することで、「検定合格」という一つの目標が生まれます。

「検定合格」という目標があれば、勉強に対するモチベーションも上がりますし、「検定テキスト」を購入することで「後に戻れない感」もでてきませんか?(笑)テキストも買ったし、受験料払ってるわけなので合格を目指したくなるはずです。

仮に合格できなくても、ウイスキー検定受験を目指す前のあなたと比べれば、ウイスキーの知識はかなり増えていると思います。結果以上に大事なのは「ウイスキーレベル」を上げることです。ウイスキーを勉強するきっかけが作れるという、大きなメリットがウイスキー検定受験にあると思います。

 

気の合う仲間と出会えることも

セミナーやイベントなどに参加することで、ウイスキー検定合格を目指す同志と交流をはかることができます。持つべきものはウイスキー友達。

 

ウイスキー文化研究所とは?

ウイスキー検定は、「ウイスキー検定実行委員会」が実施しています。実際の運営は「ウイスキー文化研究所」(旧スコッチ文化研究所)が行っています。

ウイスキー文化研究所とは、ウイスキー評論家「土屋守」氏が代表を務める、会員制のウイスキー愛好家団体です。

活動内容は「ウイスキー検定」の運営の他、ウイスキーの研究、情報収集、ウイスキー文化の普及、ウイスキーの資格認定試験(ウイスキーコニサー)の実施などがあります。

 

2つの資格認定 「ウイスキー検定」と「ウイスキーコニサー」の違いとは?

検定は「気軽に」。コニサーは「プロ」向け。

ウイスキー文化研究所の認定試験は「ウイスキー検定」「ウイスキーコニサー」があります。検定とコニサーの違いについてご説明します。

ウイスキー検定

  • 自身でウイスキーを楽しむための認定試験。
  • 20歳以上であればどなたでも受験することができる。
  • 検定はいくつかの種類があり、各級難易度が違う。
  • ご自身の実力にあわせて気軽に挑戦できる。
  • 試験は主にマークシートによる選択問題。

ウイスキーコニサー

  • 2004年から実施された資格で、検定より先にできたもの。
  • ウイスキー業界関係者やウイスキーマニア向けの、難易度上級の試験。
  • コニサーは3段階に分かれており、第一段階の「ウイスキーエキスパート」に始まり、「ウイスキープロフェッショナル」、そして最終段階にして最高難易度の「マスター・オブ・ウイスキー」と段階を踏んで取得する形となっている。
  • 段階を増すごとに難易度が上がる。
  • 試験内容は段階ごとに変わる。
ユースケ
ユースケ

両試験の難易度を比べるのは難しいのですが、例えば「ウイスキーエキスパート」を合格するには、最低でもウイスキー検定「2級」を余裕で合格するレベルは必要ですね。私は「ウイスキーエキスパート」と検定「2級」に合格していますが、エキスパート試験のほうが難しいと思いました。問題の難易度が検定2級よりも全体的に高めでした。

また、ウイスキーコニサーには受験資格があり、20歳以上でウイスキー文化研究所の会員であることが条件となっています。

ウイスキー文化研究所の会員になるには、入会金2,200円+年会費7,700円=合計9,900円が必要です。入会すると、「ウイスキーコニサー受験資格」の他、「会員証」と「会員バッジ」、ウイスキー専門誌「ウイスキーガロア」の定期送付を受けとることができます。

ウイスキーコニサーは、ウイスキーを本気で勉強したいと思っている、バーテンダーや酒販業界などの「プロ向け」といえますね。もちろん、ウイスキーが好きで、プロと対等に渡り合いたいと思っている一般の方(マニア)も多くの方が合格されています。

ちなみに「ウイスキーマニア」は誉め言葉です(笑)

 

合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリット 検定開催日について

次回のウイスキー検定開催日

第13回 ウイスキー検定(在宅試験)
・在宅試験期間:2021年9月17日(金)~ 2021年9月27日(月)
上記試験期間内にご自宅等で受験。試験の制限時間は各級60分。
・実施階級:「3級」「2級」
・受験料(税込)2級 5,500円、3級 4,400円
・受験資格:20歳以上の方ならどなたでも
・応募期間:2021年5月17日(月) ~
<コンビニ支払・銀行振込>2021年8月18日(水)まで
<クレジット決済>2021年8月25日(水)まで

 

合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリットとは?各級の詳細

ウイスキー検定の各級の詳細をご説明します。

検定の受験料は各級により異なりますが、大体6000円~4000円程度です。

3級(初心者向け)

難易度: ★☆☆

合格基準: 100問中60問以上で合格

ウイスキーの基礎知識を持つ人向けの試験です。ウイスキー初心者は、まずはここから受験されるのがいいと思います。「基礎知識」といっても、結構幅が広いです。過去問を見た限りでは、それほど簡単には感じませんでした。例えば、プロのバーテンダーでも、まったく勉強をしないで臨めば合格できない可能性もあると思います。油断大敵です!

合格するには: 検定公式テキストを購入して勉強しましょう。問題はとくに「スコッチウイスキー」を中心に出題されるので、集中的に読みましょう。

2級(中級者向け)

難易度:★★☆

合格基準: 100問中70問以上で合格

ウイスキーの文化、歴史、製法などを理解した「ウイスキー通」レベルになります。バーテンダーや酒類関係の仕事に従事している方でも、勉強しなければ合格は難しいレベルになります。特に「歴史」に関しては、普段の仕事ではあまり必要のない知識なので、プロでも勉強するのが大変なところですね。

合格するには: 公式テキストの内容をしっかりと覚えることができれば、合格確実です。高得点を狙いたいのであれば、「シングルモルト大全」「ブレンデッドウイスキー大全」も読んでおきましょう。

1級(上級者向け)

難易度:★★★

合格基準: 100問中80問以上で合格

2級合格者に受験資格があります。合格にはウイスキーの文化、歴史、製法、時事問題などの、あらゆる知識を深く必要とします。ウイスキー検定の最上級レベルとなっています。1級を合格できれば、「ウイスキーエキスパート」も合格可能なレベルになります。80点以上で合格ですから、しっかりと知識を身につけなければいけません。

合格するには: 公式テキストと、「シングルモルト大全」「ブレンデッドウイスキー大全」は最低でも読んでおきたいですね。できれば「ウイスキーコニサー資格認定試験教本」も見ておいたほうがいいでしょう。内容は検定テキストとかぶるところがありますが、コニサー教本には詳細な説明が書かれているのでおすすめです。

もしくは最初から「コニサー教本 上・中・下」を買って勉強するのもありですね。検定テキストよりも読む範囲がかなり多くはなってしまいますが、ウイスキーコニサー教本をしっかり勉強すれば合格は間違いありません。また、高得点を狙うのであれば、ウイスキー専門誌「ウイスキーガロア」を読んで、ウイスキーの最新情報も知っておく必要があります。

JW級(ジャパニーズ・ウイスキー級)

難易度:★★★

合格基準: 100問中65問以上で合格。

JW級では初段(65~74点)、二段(75~84点)、三段(85~94点)、師範(95点以上)の4段階認定があります。ジャパニーズウイスキーの文化や歴史、製法などを深く理解した方を対象とした、ウイスキー上級者向け検定です。

合格するには: 65問以上で合格となっていますが、通常の検定よりも問題の難易度が高いことが予想されます。テキストの熟読はもちろんのこと、「シングルモルト大全」「ブレンデッドウイスキー大全」のジャパニーズウイスキーのページをしっかり勉強しましょう。あとは「ウイスキーコニサー教本(下)」も購入しましょう。「ジャパニーズウイスキーの章」では、歴史や関連した人物が詳細に説明されています。また、「ジャパニーズウイスキー関連年表」を見ることで、ジャパニーズウイスキーの歴史を全体的に把握することができます。

SM級(シングルモルト級)

難易度:★★★

合格基準: 100問中65問以上で合格。

SM級では初段(65~74点)、二段(75~84点)、三段(85~94点)、師範(95点以上)の4段階認定があります。世界中のシングルモルト・ウイスキーの文化や歴史、製法などを深く理解した方を対象とした、ウイスキー上級者向け検定です。

合格するには: JW級と同様に、難易度が高い検定です。テキストの熟読と「シングルモルト大全」の購入は必須です。できれば「ウイスキーコニサー教本(上)」も読みましょう。シングルモルトの製造方法などが検定テキストよりも詳細に説明されています。そして、恐らく「新リリースのシングルモルト」についての問題も出題されると思います。普段から、シングルモルトの情報をしっかり把握していることが重要です。

BW級(バーボンウイスキー級)

難易度:★★☆

合格基準: 50問中35問以上で合格。

バーボンの文化や歴史、製法や時事問題などを理解し、「バーボン通」を自称したい人向けの検定です。難易度は中級レベルとなっています。

合格するには: 検定テキストの「バーボン」に関する部分の熟読が必要です。できれば「ウイスキーコニサー教本(下)」も購入しましょう。「アメリカンウイスキーの章」では、バーボンの歴史や関連した人物が詳細に説明されています。また、「アメリカンウイスキー関連年表」を見ることで、バーボンの歴史を全体的に把握することができます。

IW級(アイリッシュウイスキー級)

難易度:★★☆

合格基準: 50問中35問以上で合格。

アイリッシュウイスキーの文化や歴史、製法や時事問題などを理解し、「アイリッシュ通」を自称したい人向けの検定です。難易度は中級レベルとなっています。

合格するには: BW級と同様に、検定テキストの「アイリッシュ」に関する部分の熟読が必要です。できれば「ウイスキーコニサー教本(下)」も購入し、「アイリッシュウイスキーの章」をしっかりと勉強しましょう。特に、「アイリッシュウイスキー関連年表」は重要です。アイリッシュウイスキーの歴史を全体的に把握し、アイリッシュがなぜ衰退していったのかを知っておく必要があります。高得点を狙うなら、「シングルモルト大全」「ブレンデッドウイスキー大全」のアイリッシュの銘柄もおさえておきましょう。

 

合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリットとは?特典について

ウイスキー検定を受験・合格すると受けられる特典があります。「自己満足できる」だけじゃありませんよ(笑)

ウイスキー検定に合格した特典

・記念品がもらえる(受験者全員)

クリアファイルやボールペンなどがもらえます。

・合格者に認定書を授与

これが欲しくて受験しているようなものですよね?

・ニューズレター「Whiky Life」を年に数回送付してもらえる

ウイスキー検定関連の情報誌が不定期に送られてくるようになります。

 

合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリットとは?検定テキスト・参考書籍紹介

ウイスキー検定の勉強に欠かすことのできない検定テキストと、過去問題集、その他参考書籍をご紹介します。

 

新版 ウイスキー検定公式テキスト

価格: 2420円

「ウイスキー検定公式テキスト」は「ウイスキーの教科書」です。

「ウイスキー検定」の全ての各級に完全対応した公式テキストです。ウイスキー検定の合格を目指すなら必読アイテムになります。受験を目的にしていない方にも、ウイスキーの勉強がしっかりできる教科書としておすすめの本です。

created by Rinker
小学館
¥2,420(2021/06/22 09:19:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

ウイスキー検定 過去問題集9

価格: 1100円

第10回ウイスキー検定の問題・解答を完全収録した問題集です。ある程度勉強してから、自身の実力をはかるために一度はやっておきたいですね。

↓過去問題集9

created by Rinker
¥1,100(2021/06/22 09:19:23時点 Amazon調べ-詳細)

↓過去問題集8

created by Rinker
¥1,100(2021/06/22 09:19:24時点 Amazon調べ-詳細)

↓過去問題集7

created by Rinker
¥1,100(2021/06/22 13:07:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

ウイスキー検定 公式問題集JW級 Vol.1

価格: 1100円

第2・3・6回ウイスキー検定「JW級」の問題・解答を完全収録した問題集です。JW級を受験する方にとっては、問題の難易度を知るためにも重要な過去問題集となっています。

created by Rinker
¥1,100(2021/06/22 09:19:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

ウイスキー検定 公式問題集SM級 Vol.1

価格: 1100円

第4・7・10回ウイスキー検定「SM級」の問題・解答を完全収録した問題集です。SM級を受験する方にとっては、問題の難易度を知るためにも重要な過去問題集となっています。

created by Rinker
¥1,100(2021/06/23 00:51:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

ウイスキーコニサー資格認定試験教本2018【上巻】

価格: 2970円

ウイスキー検定1級の「高得点合格」に必要な参考書です。もともとは、ウイスキー検定用ではなく「ウイスキーコニサー」の資格取得用のテキストですが、ウイスキーに関する事柄が検定テキストよりも詳細に記載されています。「上巻」は、酒類についてや、ウイスキーの定義、製造、テイスティング、単位など、詳細に解説しています。

 

ウイスキーコニサー資格認定試験教本2021【下巻】

価格: 3850円

2015年に発刊した資格認定試験教本【下巻】の最新改訂版。こちらも「上巻」同様に、ウイスキー検定1級の「高得点合格」に必要な参考書です。下巻では、「5大ウイスキー」の詳細を解説しています。スコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアン、ジャパニーズ、その他の国々の蒸留所や、歴史年表、地図も記載しています。特にウイスキーの歴史に関しては、かなり詳細に説明されているので、JW級・SM級・BW級・IW級で高得点を狙うには必要な教本です。

 

ウイスキーコニサー資格認定試験教本2020【中巻】

価格: 3300円

これまで資格認定教本は、「上巻」「下巻」の2冊構成でした。ある日突然、中巻の存在を知った私からすればそれは恐ろしいこと。上下巻の2冊だけでもすごいボリュームなのに、「勘弁してくれ」と思ったのが正直な感想でした(笑)中巻は下巻を分冊化したものとなります。具体的にはスコッチの情報を1冊にまとめたものとなっており、全170ページ、合計11章にわたって、スコッチウイスキーに関するあらゆる事柄が詳細に書かれています。 1級・SM級を受験する方におすすめです。

 

ウイスキー検定 公式問題集3級 Vol.1

価格: 1650円

第6回~第10回「ウイスキー検定3級」の問題・解答を完全収録した、3級受験者用の問題集です。

created by Rinker
¥1,650(2021/06/23 00:51:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

ウイスキー検定 公式問題集2級 Vol.1

価格: 1650円

第6回~第10回「ウイスキー検定2級」の問題・解答を完全収録した、2級受験者用の問題集です。

created by Rinker
¥1,650(2021/06/23 00:51:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

ウイスキー検定 公式問題集1級 Vol.1

価格: 1650円

第6回~第10回「ウイスキー検定1級」の問題・解答を完全収録した、1級受験者用の問題集です。

created by Rinker
¥1,650(2021/06/22 09:19:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

シングルモルトスコッチ大全【完全版】

価格: 4400円

2021年に発売した完全版。スコットランドの蒸留所を網羅した最強の一冊です。「シングルモルトスコッチの辞典」と言える本。検定の受験はさておいて、ウイスキー好きなら持っておきたいですね。「SM級」と「1級」の合格には必須と言えるでしょう。

created by Rinker
¥4,400(2021/06/23 02:27:41時点 Amazon調べ-詳細)

↓2009年発売の『シングルモルトウィスキー大全』

created by Rinker
小学館
¥3,250(2021/06/22 09:19:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

ブレンデッドウィスキー大全

価格: 3520円

約90銘柄のブレンデッドウイスキーを解説した本です。ブレンデッドウイスキーの解説本は世界的にみてもあまり出版されていない為、ブレンデッドウイスキーの書籍としては貴重なものとなっています。各銘柄の歴史や、ネーミングの由来など、一般的には知られていないブレンデッドウイスキーに関する情報の宝庫です。「シングルモルト大全」とセットで持っておきたいおすすめの本です。

created by Rinker
小学館
¥3,520(2021/06/23 00:51:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

Whisky Galore(ウイスキーガロア)

価格: 1320円

『ウイスキーガロア』は国内唯一のウイスキー専門誌で、 ウイスキー文化研究所により発行されています。ウイスキー業界の最新情報や、ウイ文献のイベント情報、銘柄の品評などが紹介されています。ウイスキー検定で高得点を狙うには、ウイスキーのトレンドや最新情報が知っておく必要があります。ウイスキーの情報収集としては、最も優れた雑誌となっています。

ウイスキー文化研究所の会員になることで、自宅へ毎号送付されます。

ウイスキー文化研究所公式サイト

 

合格者が語る!ウイスキー検定について テキスト・過去問・メリットとは?無料セミナーを受講しよう

検定公式ホームページにて試験対策無料セミナーを実施しています。練習問題を始める前に受講しましょう!

 

NEXT  ウイスキー検定の練習問題を解いてみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました