今すぐ買うべき⁉TWSC2020で最高金賞のおすすめウイスキー8選

ユースケ
ユースケ

こんばんは。ユースケです。

僕の自己紹介:経歴9年の現役バーテンダー。ウイスキー文化研究所認定「ウイスキーエキスパート」。JSA認定「ソムリエ」。

「TWSC」とは、「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション」のことで、日本で初めて開催されるウイスキーとスピリッツの品評会のことです。審査は厳正に行われるため、銘柄に関する情報のない「ブラインドテイスティング」で行われます。

2020年は、各分野のエキスパートによるテイスティングを、オンライン審査によって実施しました。その結果、ウイスキー部門では427本の出品の中、最高金賞(得点90点以上)の銘柄が8本選ばれています。

今回は、ウイスキーの専門家達が忖度無しで選んだ、最高評価のおすすめウイスキー8本全てご紹介したいと思います。まだ購入可能なボトルもありますので、ご興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

 

今すぐ買うべき⁉TWSC2020で最高金賞のおすすめウイスキー8選紹介

DSC_0298

東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2020 最高金賞受賞のウイスキー8選

  • グレンファークラス1997 22年 ザ・ファミリーリザーブ
  • トマーティン30年
  • エッセンス・オブ・サントリーウイスキー 山崎蒸留所 リフィルシェリーカスク
  • 駒ヶ岳 1991 28年 シングルカスクNo.160
  • リッテンハウス ライ ボトルド・イン・ボンド
  • カバラン ソリストバーボン
  • カバラン ソリストオロロソシェリー
  • カバラン ソリストヴィーニョバリック

 

TWSC2020で最高金賞のおすすめウイスキー8選 グレンファークラス1997 22年 ザ・ファミリーリザーブ

グレンファークラス1997 22年 ザ・ファミリーリザーブ
シングルモルト・スコッチウイスキー
700ml 53.2%
参考価格:30000円

昨年のTWSC2019でも最高金賞を受賞している「グレンファークラス」。数多くあるスコッチ蒸留所の中でも評価が高く、名声を築き上げてきましたが、2年連続の受賞となるのは「さすがだな」と思いました。
今回のボトルは日本の正規代理店ミリオン商事が選んだ樽です。そんな意味ではミリオン商事さんのウイスキー選定能力もさすがだな、と思いますね。1stフィルのシェリーカスク(一回目のシェリーカスクのこと)のシングルカスクで、加水していないカスクストレングスです。
TWSCで、毎年得点の高くなる傾向にあるのが「シェリーカスク」などの濃いウイスキーだそうです。理由はわかりませんが、テクスチャーのしっかりしているウイスキーのほうが、印象に残るため高評価につながっているのでは?と思っています。

 

TWSC2020で最高金賞のおすすめウイスキー8選 トマーティン30年

トマーティン30年
シングルモルト・スコッチウイスキー
700ml 46%
希望小売価格: 80000円

1986年に宝酒造が買収し、日本企業が所有する初のスコッチ蒸留所となったのが「トマーティン」です。30年熟成ということもあって、今回出品されたウイスキーのなかでも高額なものになります。各蒸留所が原酒不足に陥っている中で、長期熟成のオフィシャルは貴重なウイスキーと言えますね。構成原酒はファーストフィルバーボン樽75%と、バーボンリフィル樽25%となっています。
8万円のウイスキーですから、最高金賞は当たり前…と思ってはいけませんね(笑)お値段に見合った、最高品質のウイスキーであることに間違ないでしょう。

 

TWSC2020で最高金賞のおすすめウイスキー8選 エッセンス・オブ・サントリーウイスキー 山崎蒸留所 リフィルシェリーカスク

TheEssenceofSuntoryWhiskyYamazakiDistilleryRefillSherryCask[2019]/ザエッセンスオブサントリーウイスキー山崎蒸留所リフィルシェリーカスク[JW]

エッセンス・オブ・サントリーウイスキー 山崎蒸留所 リフィルシェリーカスク
シングルモルト・ジャパニーズウイスキー
500ml 53%
参考価格: 10000~15000円(定価)

「エッセンス・オブ・サントリーウイスキー」は数量限定で、主に国内のバー向けにボトリングされたシリーズです。(一部百貨店と、海外向けにも作られています)今回は2019年に発売されたシリーズ第二弾の「山崎蒸留所 リフィルシェリーカスク」が最高金賞に輝きました。第二弾は三種類ありましたが、このリフィルシェリーカスクは発売当初から高評価を受けていました。私もお店で取り扱っていましたが、このボトルが一番最初に売り切れになったのを覚えています。
原酒はスパニッシュオークシェリーのリフィル(2回目以降の樽)カスクで、熟成年数は10年です。1stフィルとは違って、穏やかにシェリーカスクの影響を受けています。「山崎18年」のようなふくよかで甘い感じというよりも、リッチだけど洗練された、落ち着きのある甘さを感じます。

 

TWSC2020で最高金賞のおすすめウイスキー8選 駒ヶ岳 1991 28年 シングルカスクNo.160

駒ヶ岳 1991 28年 シングルカスクNo.160
シングルモルト・ジャパニーズウイスキー
700ml 61%
希望小売価格: 99000円

本坊酒造が経営する「信州マルス蒸留所」の長期熟成品です。限定本数352本と、非常に貴重な日本のウイスキーが最高金賞を受賞してのは大変うれしいことですね。熟成樽はアメリカンホワイトオークで、「カスクNo.160」のシングルカスク・カスクストレングスでボトリングしています。28年も熟成させておきながら、アルコール度数61度というのには驚きですね。標高約800mの冷涼な気候の影響でしょうか。
昨年も27年熟成の駒ヶ岳が最高金賞を受賞しています。2年連続の受賞から、長期熟成の駒ヶ岳が素晴らしいポテンシャルを持っていることが、完全に証明されたと言えますね。

 

TWSC2020で最高金賞のおすすめウイスキー8選 リッテンハウス ライ ボトルド・イン・ボンド

リッテンハウス ライ ボトルド・イン・ボンド
アメリカン・ライウイスキー
750ml 50%
希望小売価格: 3500円

アメリカンウイスキーで唯一の最高金賞を受賞したのは、バーボンではなく「ライウイスキー」でした。8つの最高賞の中でもっともリーズナブルな価格帯で楽しめるウイスキーです。
リッテンハウス ライは「ヘブンヒル蒸留所」で作られているライウイスキーで、1897年に定められたボトルド・イン・ボンド法が用いられている商品です。「ボトルド・イン・ボンド法」とは、粗悪品の対策として、アメリカ政府がバーボンの品質を守る為に設けた法律になります。
以下全ての条件をクリアする必要があります。

アメリカンストレート・ウイスキーであることが前提で、

  • 一つの蒸溜所(シングル・ディスティラリー)で作られて原酒のみ使用。
  • 1年(シングルイヤー)の1季節(シングルシーズン)に蒸溜し、樽詰したもの。
  • アメリカ政府監督の保税倉庫で熟成を行っていること。
  • 熟成年数は4年以上であること。
  • アルコール度数100プルーフ(50%)で瓶詰すること。

結構厳しい条件なだけに、この製法に基づいてボトリングされた製品は少ないのが現状です。
個人的には全くノーマークのウイスキーで、正直飲んだことがありませんでした。TWSCではモルトウイスキーの評価のほうが高くなる傾向にありましたので、モルト好きにも支持される、複雑なフレーバーをもつライウイスキーの誕生は、アメリカン・ライウイスキーの可能性を広げる受賞になったと思います。

 

TWSC2020で最高金賞のおすすめウイスキー8選 カバラン ソリストバーボン

カバラン ソリストバーボン
台湾シングルモルトウイスキー
700ml 57.1%
参考価格:17000 円

ここから3本が「カバラン」です。カバランソリストバーボンは、昨年から2年連続の最高金賞を受賞した台湾のシングルモルトです。カバランは2008年発売以来、世界的な品評会で数多くの賞を受賞。本場スコットランドのウイスキーにも勝ち誇るなど、業界でも評価の高い注目の蒸留所です。
ソリストバーボンはアメリカンホワイトオークのバーボンカスクで、シングルカスク・カスクストレングスとなっています。台湾の亜熱帯の気候で熟成した影響が、ウイスキーに色濃く反映されています。トロピカルフルーツ香、リッチなバニラ香はカバランならではの風味です。
熟成年数は公開されていません。台湾の気候では、一体何年くらいでこの味になるのか…非常に興味深いですね。

 

TWSC2020で最高金賞のおすすめウイスキー8選 カバラン ソリストオロロソシェリー

カバラン ソリストオロロソシェリー
台湾シングルモルトウイスキー
700ml 59.4%
希望小売価格: 17000円

カバラン ソリストオロロソシェリーは、以前から非常に評価の高いモルトです。今回、最高金賞をとったのも納得できますね。シェリーカスクのシングルカスク・カスクストレングスでボトリングされています。
ロットが変わるたびに、変わってしまうのでは?と少し心配していたのですが、ここ数年テイスティングを続けてきても安定感のある味わいですね。ふくよかで重厚な味わいはスコットランドや日本では作れない、亜熱帯熟成ならではの個性です。濃いマホガニー色からも、「このウイスキーおいしいかも」と先入観をつくってしまうほどのインパクトがありますね。
TWSCではブラインドテイスティングで品評していますが、これだけの個性をもつウイスキーもなかなか無いので、審査員のほとんどが飲んだ瞬間「カバランシェリーだな」と分かってしまったのではないでしょうか(笑)

 

TWSC2020で最高金賞のおすすめウイスキー8選 カバラン ソリストヴィーニョバリック

カバラン ソリストヴィーニョバリック
台湾シングルモルトウイスキー
700ml 55.6%
希望小売価格: 23000円

カバラン ソリストヴィーニョバリックは、ポルトガルの赤ワインカスクで熟成させたウイスキーです。このワインカスクを、カバラン独自の製樽方法「STR」で処理して熟成させています。この製法は、シェービング、トースティング、リチャーリングの略で、樽の内側を削り、その後トースト・リチャーをすることでです。トーストとリチャー、両方の処理を同じ樽に施すのは珍しいかもしれません。通常は、シェリーカスクならトーストで、バーボンカスクならリチャーといった感じです。
ウイスキーの色合いは、赤ワインカスクの影響を受けた赤みのあるアンバーです。フルーティーで複雑。スパイシーというか、モルトウイスキーではなかなか出てこない個性だと思いました。カバランのこだわりと独自性を感じられる商品ですね。

 

まとめ

東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2020 最高金賞受賞のウイスキー8選

  • グレンファークラス1997 22年 ザ・ファミリーリザーブ
    グレンファークラスらしい一本。
  • トマーティン30年
    長期熟成スコッチの底力!
  • エッセンス・オブ・サントリーウイスキー 山崎蒸留所 リフィルシェリーカスク
    山崎のクオリティーの高さを感じる。
  • 駒ヶ岳 1991 28年 シングルカスクNo.160
    文句なしの長期熟成。
  • リッテンハウス ライ ボトルド・イン・ボンド
    リーズナブルな「最高金賞」。
  • カバラン ソリストバーボン
    2年連続受賞。安定のおいしさ。
  • カバラン ソリストオロロソシェリー
    亜熱帯のシェリーカスクが高品質であることを証明。
  • カバラン ソリストヴィーニョバリック
    独自の製法で「カバラン」らしいウイスキー。

 

 

「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2020」で最高金賞に輝いた8本のご紹介でした。
あたなの好きなウイスキーはありましたか?もし、今回のウイスキーを飲む機会があったりしたときは、最高金賞という評価は一度忘れて、先入観なしのナチュラルな状態で、テイスティングをしてみて下さい。ウイスキーの評価は、ウイスキーを飲む本人が行うものです。あたなにとっての「最高金賞」を見つけてみてはどうでしょうか。

「金賞」「銀賞」受賞のウイスキーも別記事でご紹介しています。そちらも是非ご覧ください。

ユースケ
ユースケ

あなたの人生がウイスキーによって幸せになることを願っています。最後までご覧いただきありがとうございました。それでは、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました